桑田VS阿部“ポスト原監督”注目の一方で「どっちもどっち」の声が出るワケ

アサ芸プラス / 2021年1月20日 5時59分

写真

 今シーズンから巨人の一軍投手チーフコーチ補佐に就任した、桑田真澄氏。1月14日にはさっそくジャイアンツ球場に足を運び新人合同自主トレを視察し、16日深夜に放送された「S☆1」(TBS系)に出演した際は投手陣について「中6日、7日の時代で、なぜ完投しないのかわからない」と持論を展開。先発に完投を求めることを示唆し、「かなり厳しくなると思います。選手にはクレームが出るかもわかりませんが、しっかりついてきてもらいたい」と方針を明らかにしている。

 そんな中、ファンやプロ野球関係者の注目を集めているのは、巨人の次期指揮官についてだ。ヤンキースなどで活躍したOBの松井秀喜氏は現時点で名前が浮上しなくなった今、阿部慎之助2軍監督が既定路線ではないかと囁かれてきたが、15年ぶりに桑田氏が巨人のユニフォームを着たことで一転、にわかに“ポスト原”を巡る波乱が話題になり始めている。

「『日刊ゲンダイ』(1月14日付)でも、桑田氏の抜擢について心中穏やかではない人物として阿部を挙げており、スパルタ式の阿部と科学的根拠に基づく桑田氏とで野球論も人間性も真反対なために、今後は火花バチバチではないかと指摘しています。しかし一方で原監督のこと、チーム全体のレベル上げのため、コーチ陣の切磋琢磨も狙っての人事との見方もありますね」(野球ライター)

 いずれにせよ、現役時代の実績を見れば将来、巨人の指揮官を務めてもおかしくはない2人だが、こんな声も聞こえてくる。

「野球ファンの間では“どっちもどっち”との指摘が多いようですね。“常に紳士たれ”の標榜を掲げる巨人軍にあって、阿部は女性関係、桑田氏は借金問題などで過去のスキャンダルによるキズを抱えており、人徳的には“?”なイメージが強いのでしょう。もっとも、女性関係については原監督もいろいろと報じられましたが(笑)」(前出・野球ライター)

 ともあれ、桑田氏の就任は、巨人の今シーズンの話題作りとして格好の材料となりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング