党内不和はそっちのけ!?国政でもわが道をいく「猪木イズム」

アサ芸プラス / 2013年11月13日 9時57分

 参議院運営委員会に、「書類不備」を理由に渡航申請を却下されたのに、強行訪朝した日本維新の会のアントニオ猪木議員(70)。

 これには、議員運営委員会の関係者も呆れた口調でこう語る。

「猪木さんは訪朝前、参議院議員団会長の片山虎之助議員(78)には、臨時国会が終わってから北朝鮮に行くと伝えていました。でも、申請書には11月1日に渡航と書かれていて、これは話しが違うということで、申請は却下されました。その上での訪朝ですから、天皇陛下に”手紙テロ”を挙行した山本太郎議員(38)より厳しい処分が下るのは当然かもしれません」

 これには、日本維新の会の橋下徹共同代表(44)も、

「北朝鮮との関係は極めて慎重にやっていかなければならない外交問題。一議員の行動は許されない」

 と、不快感を示した。だが、猪木氏にとっては騒ぎになるのは想定済みだというのは、日本維新の会の関係者。

「猪木さんは党の一員として成果を出すより、北朝鮮とのパイプ役として、“猪木外交”で結果を出すことが何より大事なこと。だから、今回もマスコミが騒いで話題になったので、狙い通りのパフォーマンス成功ではないでしょうか」

 そもそも猪木氏は初めから日本維新の会とは、ソリが合わないので、党内不和にも興味がないという。

「参院選で擁立されたとき、『もっと自分を客寄せパンダに使ってくれればいいのに、維新は使い方が下手だ』と、党のやり方に不満を漏らしていました。今も党の中で、“お客さん”扱いなので、党の幹部に何を言われてもどこ吹く風。選挙になるまでは、好き勝手にこれからも行動すると思います」(前出・日本維新の会関係者)

 パフォーマンス重視の「猪木イズム」で、北朝鮮問題をこじらせなければいいのだが‥‥。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング