活動再開が見えてきたやしきたかじん「復帰への美学」

アサ芸プラス / 2013年11月26日 10時0分

 今年の5月から、体調不良で再び休養期間に突入した大阪の毒舌タレント・やしきたかじん(64)。一時は、闘病中のガンが再発したとの観測も流れたが、杞憂だったようだ。目撃者が言う。

「今月11日に京セラドーム大阪で開催されたポール・マッカートニーのライヴの初日にたかじんさんをお見かけしました。ちょっとやせはったかなあと思いましたが、元気な姿でポールに拍手を送っていたとか。相当、往年の大物アーティストの来日を待ち望んでいた様子はありありでした」

 実際、静養中のたかじんは大阪を離れ、別荘のある北海道で暮らしていた。今回のポールのライブにあわせて、わざわざ飛行機で大阪まで駆けつけたというから、体力的にもかなり回復しているようだ。

 在板のテレビ局関係者が言う。

「本人が番組を休んでいるのは、人前に出るには自信がなかったようだ。やっぱりやせた体が美学として許せなかった。一方で、休養中も『たかじんNOマネー』や『そこまで言って委員会』のオンエアーを漏れなくチェックしているみたいです。早ければ来年1月、遅くとも4月には本格復帰できるんじゃないでしょうか」

 関東では老害タレントが迫害されていく中、関西では紳助なきあと、孤軍奮闘しているたかじんの再復帰を待ち望んでいる人も多いはず。たかじんの毒舌が聞ける日も近い!?

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング