「幸が薄い」とたしなめられた、NHK有働由美子アナウンサー

アサ芸プラス / 2013年12月2日 9時59分

 NHK、朝の番組「あさイチ」が高視聴率を獲得して、今やNHKの顔といってもいい活躍ぶりを見せている有働由美子アナ(44)。

 スポーツ紙デスクが語る。

「番組人気の理由のひとつは、人気朝ドラ『あまちゃん』の視聴者が流れてきた事も大きかったが、もうひとつは、有働アナのNHKとは思えないユニークなキャラ。セックスレスをテーマにしても、民放以上にノリノリ。台本にないアドリブが女性視聴者の心をしっかりつかみましたね」

 そんな彼女が、最近、女性週刊誌に年下イケメン男性とのお泊りラブラブデートをキャッチされ、話題をまいたのは記憶に新しいところ。2000年には当時横浜ベイスターズの石井琢朗選手との不倫密会騒動も話題となった。当時を知るスポーツ誌記者は、

「巻き髪カツラにサングラスで石井選手の家に入るところを撮られたけど、あの頃からバラエティのセンスがあると思っていました(笑)。恋多き女で、スポーツアナ時代は、今をときめく星野仙一監督や柔道の井上康生選手とも浮名を流しましたね。そんなトラブルもあったからか、07年に米国総局ニューヨーク支局に転勤させられたけど、見事に復活した。こんなに勝負強いNHKの女子アナはほかにいませんよ」

 そんな有働アナだが、今年の10月11日のプレミアムトークで、脚本家の大石静に、「幸が薄い」と指摘されショックを受けたことがあった。

有働「婚外恋愛、私は反対。私は絶対に浮気しない男と結婚したい。だって傷つきたくないから」

大石「それはエリートだからよ。エリートは傷ついたことがないから傷つきやすいの。だから幸が薄い」

 過去の辛い恋愛経験から出た弱音を、恋愛の名手にズバッと斬られた有働だが、今年も「紅白歌合戦」司会の大役を仰せつかった。

 前述のスポーツ誌デスクが語る。

「今年の紅白で黒いドレスを選んだ理由を聞かれ、『脇汗対策を一番に考えました』と、かつて視聴者からのクレームがあった”ゲリラ脇汗”をネタにして返すあたり、転んでもただでは起きない(笑)」

 今後も、有働アナの「NHKらしからぬ」活躍から目が離せない!

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング