音楽活動に路線変更したローラの前途多難なタレント生命

アサ芸プラス / 2013年12月12日 9時59分

 バラエティ番組でのおとぼけぶりとタメ口キャラで人気のローラ(23)だが、来年のタレント活動の方向性に変化が見られるという。

 今月5日、ローラは今年最も美しく輝いていた女性に贈られる「2013 ベストビューティストアワード」の授賞式に出席し、コメントを残した。

「今年はすっごくバタバタしてたから、あまり覚えていない1年だった~。でも、楽しかったよ!」

 仕事面で「バタバタ」したのはもちろんだが、父親の問題もふと思い出されると芸能プロ関係者は話す。

「父親が国民健康保険の不正受給で国際手配され、ローラにもダメージがあるのではないかと言われていましたが、実際にはほとんど影響なし。CMやイベントなどはむしろ好調なぐらいでした。彼女は問題にめげることなく仕事をこなしていましたね」

 そんな多忙な印象のあるローラだが、現在のレギュラーは「笑っていいとも!」(フジテレビ)の1本のみ。その「いいとも」も来年3月までとあって、方向転換をはかろうとしているというのだ。

「ローラはポケモン映画の主題歌『memories』でソロデビューし、“意外と上手”と評判を呼んでいたんですが、バラエティの仕事が多いだけに継続して曲を出せなかった。今は時間に余裕ができ、ボイストレーニングやダンスにも通い、本格的に音楽活動への準備をしていますよ」(前出・芸能関係者)

「アーティスト」としても人気が継続するかどうか、来年は芸能活動の正念場のようだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング