新垣結衣 破局して分かったあのプレイボーイとの交際関係(1)

アサ芸プラス / 2013年12月17日 9時57分

「絶叫型デモはテロ行為とその本質においてあまり変わらない」。これは与党幹事長の失言だが、我らが“ガッキー”の破局報道後に露呈した“遊び人”の「舌先自慢」は、まぎれもなく「テロ行為」と断言できる。いや、軽薄な口で美女を責めたてていたなんて、テロよりも許しがたい“ベロ行為”じゃないか!

 今年3月に熱愛が発覚した新垣結衣(25)と関ジャニ∞の錦戸亮(29)が破局を迎えた。その第一報を伝えたのは「週刊女性」(12月17日号)だった。

 記事によれば、2人は「ポッキーの日」の前日、11月10日に別れたという。かつて新垣がブレイクする契機となったのが、ポッキーのCMだっただけに、何やら因縁めいたものを感じさせる。また、破局の理由は、人目を気にするあまり、密会する時間が取れずにすれ違いが生じたため。清純派女優と人気アイドルという組み合わせゆえの別れだったという。

 徒歩4分圏内のお互いの自宅マンションを行き来した“ご近所愛”は、発覚からわずか8カ月で終幕となったのだ。

 しかし、芸能関係者の間では、短期間とは思われていないようで、「そんなに長く続いていたんだ!」と驚きの声が上がっている。

 芸能記者がその理由をこう説明する。

「それは、錦戸がジャニーズきっての“遊び人”だからです。ファンの間でも、同じ事務所の赤西仁(29)率いる『赤西軍団』の一員と認識され、錦戸は六本木や麻布界隈で夜遊びをしている姿がたびたび目撃されています。一部には夜遊び現場の写真が流出したり、一夜限りでポイ捨てされた一般女性がベッド写真を公表したりと、とにかくプレイボーイとしてのエピソードは枚挙にいとまがない。新垣サイドがかたくなに交際を否定したのは、錦戸にもてあそばれているというイメージを持たれたくなかったためでした」

 さすがの錦戸も、新垣のスキャンダル処女を奪っておいて、ただの“遊び”だったでは申し開きもできないはず。

 それに、発覚時の交際報道を見渡すかぎり、錦戸がけなげに買い物袋を抱えて新垣のもとへ通うなど、決して新垣がモテ男の毒牙に引っ掛かったようには見えなかったのだが‥‥。

 ある芸能プロ関係者はこう話す。

「新垣との交際発覚後も、錦戸はけっこう派手に遊んでいて、破局の原因は新垣が愛想を尽かしたというところなのではないでしょうか。そもそも、錦戸がどこまで本気で新垣を想っていたのかも怪しいものです。行きつけの会員制バーで、友人たちを前に錦戸は『俺、ガッキーにあんなことしたぜ』と得意げに話しているのを見かけたことがあるぐらいですからね。夜な夜なあの美貌を悶えさせていることを、よほど自慢したかったのでしょうが、気の置けない仲間たちとの酒の席でも、普通の大人なら言えないセリフですよ」

 現在、新垣は出演中のドラマ「リーガルハイ」(フジテレビ系)で「がに股女!」と罵倒されているが、まさか錦戸にいろいろされすぎて‥‥。いや、そんなはずはない。新垣は錦戸のそんな態度に傷心しているのだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング