新垣結衣 破局して分かったあのプレイボーイとの交際関係(2)

アサ芸プラス / 2013年12月17日 9時58分

「リーガルハイ」撮影中の新垣の様子を、あるドラマ関係者がこう話す。

「新垣はもともと芝居に集中したいタイプで、口数が多いほうではありませんが、今回はいつにも増して共演者と雑談することが少ない。主演の堺雅人(40)を俳優として尊敬している新垣ですが、休憩中にプライベートな話をすることは一切、ありません」

 交際中から酒席での下ネタ話の対象にされていたのだから、この時期には錦戸との関係は相当冷え込んでいたのだろう。

 そもそも、新垣と錦戸が出会ったのもドラマだった。11年に放送された「全開ガール」(フジテレビ系)である。

 あるフジテレビ関係者がこう話す。

「ちょうど東日本大震災があって、撮影スケジュールに遅れが出たり、ハプニングが多かったドラマでした。プロデューサーが被災地の出身ということもあって、新垣は『プロデューサーのためにも頑張る』と、殊勝なところを見せていたのですが、錦戸は『ガッキーとのキスシーンが最高だった』と話して、周囲を驚かせていた。一説には、錦戸が撮影中に強引に舌をネジ込んだという話もあり、新垣は錦戸にいい印象を持っていなかったはずです。結局は、錦戸の押しの強さに負けてしまったのではないでしょうか」

 とはいえ、釣った魚に餌を与えないのは、遊び人特有のやり方だ。錦戸は新垣と交際中にも、不貞寸前の行為に及んでいたという。

「錦戸は倉科カナ(25)とドラマで共演中なのですが、制作発表の際に倉科が『(錦戸の)モテオーラがハンパないです』と話し、錦戸もまんざらでもない様子だった。そのため、撮影中に錦戸が倉科に急接近しようとした。倉科の所属事務所では、錦戸と接近しすぎるのは危険と判断し、現場マネジャーに『常に監視の目を緩めないように』とお達しが出たほどです」(芸能記者)

 ガッキーファンとすれば、別れてくれて一安心だろう。そして、今回の交際から破局までの一連のスキャンダルは仕事の面でも新垣のプラスになるという。芸能評論家の三杉武氏はこう話す。

「新垣も25歳ですから、いつまでも清純派の役柄ばかりを演じているわけにはいかない。この破局をバネにすることで、女優としてステップアップができるのではないでしょうか。そして、周囲を幻惑する大人の女という役柄の仕事が舞い込む可能性もあります」

 大人の女優への脱皮する前に、ぜひとも新垣には「錦戸のアレって、〇〇〇なんだよね」と逆襲の暴露を期待したいところだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング