巨人・原監督の“片岡優遇”で井端ブチギレのワケ(3)

アサ芸プラス / 2013年12月26日 9時57分

 波紋を広げる井端入団だが、原監督には別の狙いもあったようだ。

「落合GM体制ができてから原監督は、『中日は谷繁のチームじゃない。落合さんのチームだよ』と言って、落合GMを非常に意識している。そこで、“対落合”であれば井端も執念を燃やすだろうから、フロントに獲得を強く進言していたといいます。うまくいけば、中日の内部情報まで得たいようです」(球団関係者)

 とはいえ、原監督も激情型の井端をそう簡単に懐刀として扱えるとは限らない。今年も井端は中日で、高木守道監督と試合中にベンチで口論する姿が何度も見受けられた。

「井端はかつて、落合監督に反対されたのを無視してレーシック手術を受けました。その後、飛行機移動の座席を若手よりも“格下扱い”の最後尾にされ、『何でこんなとこなんだよ!』と怒りをあらわにしていた」(球界OB)

 経験、実力は折り紙付きだが、時限バクダンとも言える井端の取り扱いはかなり要注意のようである。

「球団内では『原監督がコントロールしなかったら大変だよ』なんて声が出ています」(球団関係者)

 巨人の新しい「火薬庫」となった井端の動向が、今年のペナントの行方を左右しそうなのである。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング