1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

長澤まさみVS綾瀬はるか、ロケットバストが鍵を握る「寵愛バトル」とは

アサ芸プラス / 2021年10月5日 5時59分

写真

 木村拓哉(49)が主演する映画「マスカレード・ナイト」は、興収50億円を狙う大ヒットとなっているが、その立役者と言われているのが、「相棒」のホテルウーマンを演じた長澤まさみ(34)だった。番宣で出演したバラエティ番組でも息ピッタリ…と思いきや、そこに割って入ったのが、“元カノ”的存在の綾瀬はるか。いずれ劣らぬ女優ツートップのロケットバストによる「キムタク争奪戦」が火ぶたを切ったというのだ。

 なぜ、長澤と綾瀬なのか。長澤が木村の相手役を務める大ヒット映画「マスカレード・ナイト」(東宝:以下マスカレード)は、9月17日の公開から動員数133万人・興行収入18億円を突破(28日時点・興行通信社調べ)と大ヒット中。主演が木村というだけでなく、なりふり構わぬバラエティ番組への出演と宣伝攻勢で、コロナ禍においても、前作をしのぐブレイクを果たしているのだ。

 一方、綾瀬と言えば、木村の次回作で、ヒロインに選ばれたばかりだ。映画関係者が言う。

「木村さんの寵愛女優と言えば、綾瀬はるか(36)で決まりです。9月末から東映70周年を記念した時代劇の撮影がクランクインしたばかり。木村さんは主演の織田信長役。数年かけて企画されていた作品で、本人もかなり力を入れていると聞きます。そしてお相手に選ばれたのは綾瀬はるかさん。2人の共演は『南極大陸』(TBS系)以来なので10年ぶりとなります」

 だが、10年間のブランクなど、心配無用だった。木村とは、過去に何度も共演しており、今回の再共演も木村のご指名だというから別格的な扱いだ。

「実は大ヒット作『HERO』(フジテレビ系)や『マスカレード』を手掛けた監督は綾瀬とも旧知の間柄で、出演作の監督をしています。木村と綾瀬は『キムちゃん』『天然ちゃん』って呼び合っているほど(笑)、今や大御所の木村をそう呼べるのも綾瀬の人柄だからでしょう。おっとりとした雰囲気に気を遣わなくてもいいのかもしれないですね」(芸能プロ関係者)

 はたして両者の木村との連続共演を巡る「寵愛バトル」の行方は─。撮影現場での様子、最新フェロモンぶりなど、3番勝負で全比較したその全容は、10月5日発売の「週刊アサヒ芸能」10月14日号で詳報している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング