1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

藤井聡太、「竜王戦」で駆け上がる「夢の八冠」実現の可能性を大検証!

アサ芸プラス / 2021年10月12日 9時59分

写真

 16年当時、現役最年長の加藤一二三九段(81)とのプロ初対局が、今回挑戦する竜王戦の予選であった藤井聡太三冠(19)。まさに今、デビュー戦ゆかりの将棋界最高峰のタイトルに手をかけようとしている。

 10月8日、9日にかけて行われた今年度の竜王戦七番勝負第1局に出場した藤井は、豊島将之竜王(31)を123手で破り、1勝目を手にした。中盤までのAI評価では劣勢に立っており、豊島竜王のわずかなミスを見逃さず、大逆転勝利を収めたのだ。

 昨年7月に「棋聖」を奪取、17歳11カ月で史上最年少タイトルホルダーとなった藤井だったが、そこから1年余の活躍は、デビュー時の藤井フィーバーを超える輝きを放っている。

「初タイトルの翌月には、二冠目となる『王位』を獲得。今年はその2タイトルを防衛しつつ、7月から9月にかけて3勝2敗のフルセットで叡王戦に勝利。史上初の10代三冠を達成しました。四冠を目指す竜王戦では、王位戦防衛、叡王戦挑戦と同じく、豊島竜王でした」(専門誌記者)

 くしくも3つのタイトル戦が連続して「藤井─豊島」のカードになったことは決して偶然ではない。将棋界の8大タイトルは昨年来、藤井、豊島を含む4人の棋士が独占しており、いわば「四天王時代」が到来していたからだ。

「2人に加え、三冠を保持する渡辺明名人(棋王・王将、37)と、タイトル3連覇中の永瀬拓矢王座(29)です。ただ、中でもここ最近の藤井三冠の強さは群を抜いている。ともすれば、近い将来『藤井一強』時代となりそうです」(前出・専門誌記者)

 その根拠となるのは、先述した今年の3つのタイトル戦の内容なのだ─。

 10月12日発売の「週刊アサヒ芸能」10月21日号では、現在の藤井三冠の強さ、また「夢の八冠」の実現の可能性についても、現役棋士の視点も交えて詳細に解説している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング