1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

浅野忠信とCHARAの娘・SUMIREが演じた「バストほぼ見え」事後シーン!

アサ芸プラス / 2021年11月9日 14時30分

写真

 11月6日、森山未來主演の映画「ボクたちはみんな大人になれなかった」の公開記念舞台挨拶が行われた。舞台上には今回、主演の森山のほか、浅野忠信とCHARAの娘としても知られる女優・SUMIREが登壇したという。

「映画にてSUMIREは、バーテンダーをしながら、夜の性サービス嬢としても働く女性・スーを熱演しています。そんな彼女の印象について森山は、『スーというキャラクターは、ふいに現れてふいに消えていくという存在。スーの役柄とSUMIREちゃんの存在感は通じるものがありました』と語りました」(テレビ誌記者)

 そんな「ボクたち──」といえば、ヒロイン・伊藤沙莉がバストトップを披露した大胆ベッドシーンがネットを騒がせている。その一方で、劇中のSUMIREによる肌見せシーンも、視聴者の間で注目を集めているようだ。

「映画では、SUMIREの直接的なベッド場面こそないものの、森山演じる主人公との濃密なキスや、ベッドでの事後シーンが描かれています。そこでは、上半身マッパ姿の彼女が立ち上がって着替える際、美バストのサイドが“ほぼ見え”状態となっているほか、ピンクのアンダーウエアをはいたヒップも映っています。これには視聴者から、『美貌と艶気がすごい』『素晴らしい美バスト&ヒップ!』『さすが浅野とCHARAの娘だけあって、他の女優にない独特の艶っぽさがある』と称賛されています」(前出・テレビ誌記者)

 18に女優デビューして以降、様々なドラマや映画に出演しているSUMIRE。今後もその美貌と艶気で、多くの男性を魅了していきそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください