1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

江川卓、掛布雅之に明かしていた「怪物ピッチャーの心理」とは?

アサ芸プラス / 2021年11月10日 9時59分

写真

 主に中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手・川上憲伸氏のYouTubeチャンネル〈川上憲伸カットボールチャンネル〉(10月15日付け投稿)に、ミスタータイガース・掛布雅之氏が出演した。

 1997年にドラフト1位で中日入りした川上氏は、同年、人気球団の巨人に同じく1位指名で入団した高橋由伸氏をライバル視していたそうだ。高橋氏は、98年のルーキーイヤーに140安打、19本塁打、75打点、打率も「.300」に乗せる活躍。

 一方の川上氏も2ケタの14勝を挙げ、防御率は「2.57」の2点台におさめるといった躍進を見せ、この年の新人王に輝いている。高橋氏は川上氏相手に1球目からバットを振ってくる機会が多かったようで、それで凡打されても嬉しくはなく、「三振に仕留めたかったのに」といったこだわりを明かす川上氏。

 すると今度は掛布氏が、自身がライバル視していた、元巨人・江川卓氏との「ある会話」を引き合いに、川上氏に「ピッチャー心理」を訊ねる一幕があった。

 掛布氏いわく、例えば江川氏と4打席対戦して、「掛布が2本塁打を放ったが、巨人勝利」と「掛布を4三振に切って落としたが、阪神勝利」の、どちらを選ぶかと訊ねたところ、江川氏は後者を選んだのだそうだ。

「そうなの?」と、川上氏も江川氏と同様の気持ちなのかと掛布氏が問うと、川上氏は、長いシーズン、さらには今後数年間に及ぶ幾度の対戦時にイヤなイメージを残したくないといった見解を示して同意していたものだ。

 ピッチャー心理、ひいては昭和の怪物・江川氏の現役時代の思考も明かされ、見ごたえある貴重な回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください