離婚してさらに毒舌ぶりが増している西川史子

アサ芸プラス / 2014年3月3日 9時59分

 今年1月11日、福祉関係の会社役員と離婚したばかりの女医でタレントの西川史子。レギュラーを務める「サンデージャポン」(TBS系)では、

「私が至らなかったんですね。嫌われたんでしょう、私が」

 と、離婚後一夜明けての心境を目に涙を浮かべて語った。モデルの中村アンに、「幸せで牙が抜け落ちた西川先生よりは、人を羨んだりトゲトゲしている方が私は好きなので、お帰りなさいと言ってあげたい」

 と突っ込まれると、

「皆さんが思っている以上に傷ついているの。だからもうズケズケ言うのやめてもらえるかな」

 と訴えた。だが、これも演出のひとつではなかったかという声が聞かれている。

「離婚後、一人で生活するための億ションを購入した事は公表されていますが、周りのスタッフに、『離婚したんだから、もう一度写真集を出してもいいかも。ローンのために写真集を出すなんていいネタになるでしょ』と、うそ吹いているといいます。医者に専念するどころか、これからも芸能界で稼ぐ気満々のようです」(芸能プロ関係者)

 さらに、西川の結婚生活を取材した週刊誌記者によると、

「銀座の高級クラブで日馬富士のタニマチと3夜連続で豪遊して、氷を口移しする間柄だった事は有名です。これを聞いて浮気を疑わない夫はいませんよ」

 しおらしかったのは、離婚直後のパフォーマンス!?これからは酸いも甘いも知り尽くしたバツイチキャラとして、毒舌がますますパワーアップしそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング