千原せいじの驚愕のコミュニケーション力

アサ芸プラス / 2014年3月14日 9時59分

 弟・千原ジュニアの陰に隠れて目立たなかった兄の千原せいじ(44)。最近では『ノンストップ』(フジテレビ系)などでコメンテーターとしても活躍しているが、その物怖じしない性格が遺憾なく発揮されているのが、旅番組でのレポーター役だ。制作スタッフが言う。

「今やせいじさんは『どんな人でも友達になってしまう』というコミュニケーション能力の高さが有名になったほど。番組でアフリカを訪れた際、外国語が話せないので関西弁で話していたのにも関わらず、現地の住人と打ち解けたといったエピソードが数限りない。以前、南米にロケに行った際、せいじさんが現地の男性に歩み寄り、『お前、オバチャンのケツみたいな顔してんなぁ』と言ったんだそうです。同行してたスタッフはオロオロしたものの、続けてせいじさんが男性の肩を抱いて目を合わせ、『ブサイク同士がんばっていこうや。な?』と一言。『オオ~』と男性は笑顔でせいじさんにハグしてきたんだとか。ただ、言葉が汚かったのでオンエアはされなかった(笑)」

 また初対面の人にもまったく遠慮がない。

「前に関係者から聞いた話では、新幹線に新大阪駅から乗った際、そこで仲良くなった一般の中年女性と名古屋駅で大ゲンカをしていたというエピソードがあります。一般的に新幹線のわずかな移動時間で仲良くなっただけとか、大ゲンカしただけならわかります。でも彼の場合は、まず仲良くなってそれから大ゲンカ。弟の千原ジュニアはせいじさんをして『人が1、2年かけてやることを小一時間でやる男』と評していたほどです(笑)」(テレビ局関係者)

 せいじは霊感も強く、霊が見えると「お前、こんな所で何してんねん!」と怒鳴ったんこともあるという。人間だけでなく、霊までわけ隔てなく付き合うせいじのキャラクターは、ますますテレビ界を席巻しそうだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング