テリー伊藤対談「小橋健太」(3)22針縫っても試合の方が大事

アサ芸プラス / 2014年3月27日 9時57分

テリー 先日、佐々木健介さんが引退表明をしましたよね。

小橋 会見する直前に電話がかかってきたんです。「今から引退の会見をします」って。05年8月のNOAHでの対決試合の前までは、実はまったく接点はなかったんですよ。

テリー あ、そうなんですか。

小橋 お互い二十何年もプロレスをやっていたのに、初対決だったんです。だから新鮮味がありましたね。戦った以降、いわゆる友情というか、そういうものが芽生えまして。ケンカしたあとに友情が芽生えるっていう、ドラマのような感じでした。

テリー すごい死闘を繰り広げたあとの夜って、眠れるもんですか。だって、すごく痛いですよね。

小橋 1週間ぐらいたってみると、黒いアザみたいなものが下に落ちていくんですね。鎖骨にチョップを受けたところから、だんだん下に移動して、いつの間にか乳首が黒くなってたり。

テリー もっと下に移動して、アソコが黒くなったら大変だね。

小橋 いやあ、そこまではいかなかったです(笑)。

テリー 他にも、試合ではとにかく大ケガが付き物でしょう。

小橋 馬場さんは「病院に行くな」とよく言っていたんです。レスラーはそんな弱いところを見せちゃいけないと。たとえ医者であってもダメだと。だから、僕は骨を折っても病院には行かなかった。

テリー えー。そんなぁ。じゃあ、自分で湿布をしたりしたの?

小橋 はい、バンテージ巻いて、わからないようにしたりとか。スタン・ハンセンに腕をイスで殴られて、22針縫ったことがあるんですけど、その時は馬場さんの奥さんがびっくりして救急車を呼んだんです。それでも僕は「救急車には乗らない」って言って。

テリー その時は、馬場さんも現場にいたんでしょ。

小橋 いました。

テリー 馬場さんは、血だらけになってるのに「行け」とは言わなかったんですか。

小橋 ええ。腕から、何か白いものが見えてたんですけどね(笑)。

テリー 骨?

小橋 骨か何か。それでも「乗りません」って言ってたら、先輩が「馬場さんの奥さんが呼んでくれたんだから、乗れよ」って言ってくれて、それでようやく。

テリー 行ったら、22針縫われたんだ。

小橋 病院から帰って来たら、馬場さんがロビーにいたんです。僕はケガで明日の試合がなくなることが嫌だったんですけど、馬場さんは僕の顔を見て、ニコッと笑ったんです。それで「よかった。これで明日も試合があるな」と思って。

テリー でも、縫ったところは痛いじゃないですか。

小橋 バンテージで腕が曲がらないようにしてやりました。

テリー 対戦相手はそこを狙ってくるでしょう。

小橋 ああ、蹴っ飛ばされましたねぇ。縫った糸がちぎれていました。その時は、全部取れたらまた縫えばいいやと思っていました。体の傷を気にするより、とにかく試合に出られないことのほうが嫌でした。

テリー そんな感覚のレスラーって、今の時代にいるのかなぁ。

小橋 まあ、こんなバカな考えを持ってるヤツはいないかもしれない(笑)。

テリー いないですよ。俺だって、それは絶対バカだと思います(笑)。

小橋 自分でも、今考えても「バカだなあ」と思います。でも、それぐらいプロレスが好きでしたね。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング