「いいとも!」に出演したキムタクの気になるトーン

アサ芸プラス / 2014年3月27日 9時59分

 31年半の歴史にピリオドを打つことになったフジテレビ「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに21日、安倍晋三首相が出演した。現役首相の登場は同番組史上初、満員の観客から拍手で迎えられ、安倍首相は終始ご満悦だった。

 ノータイ姿でリラックスした安倍首相は、タモリに長続きの秘訣を聞いたり、一緒にイチゴを食べたりと、トークも弾んだ。そしてコーナー終盤、次回ゲストとして木村拓哉の名が発表され、木村と電話がつながれた。安倍首相は官房長官時代、SMAPの人気番組スマスマに出た縁がある。渡された電話を受け取ると、その際の思い出話や、夫人が木村ファンであることなどをにこやかに語り、会話を盛り上げた安倍さんだったが……。

「どうもこの時のキムタクの声色がつれなかったですね、相手が誰であってもニヒルなキムタク流を貫くということかもしれませんが、もうちょっと明るくしゃべってもよかったと思うのですが。安倍首相の引き立て役になるのが嫌だったのかもしれませんね」(テレビ関係者)

 ジャニー喜多川社長が東京五輪の開会セレモニー演出に色気を見せているだけに、木村も少しは考えたほうが良いかも?

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング