AKB48・菊地あやかの卒業で懸念される“地味メン”のモチベーション

アサ芸プラス / 2014年4月17日 9時59分

 相次ぐ主力メンバーの卒業や組閣と題したチーム間のシャッフルが行われた矢先の4月13日、菊地あやかの卒業が発表された。

「実は、大島優子の卒業よりも古参ファンたちが衝撃を受けたのが、菊地の電撃卒業でした」(アイドルライター)

 菊地は2月の大組閣で大阪を拠点とするNMB48へ移籍を命じられたがこれを拒否。今年の選抜総選挙も辞退していた。

「菊地はまだ10代の頃、男性とのプリクラが流出して一度AKBを脱退、しかしその2年後に、研究生から復帰してやり直した熱血のメンバーです。そんな彼女だけに、特に熱心なファンが多いんですよ。ところが、叩き上げの彼女がAKBでの活動に終止符を打ってしまったことで、古参ファンのAKB離れが懸念されているんです」(前出・アイドルライター)

 現在二十歳の菊地。今後はファッションモデルとして活動して行きたいそうだ。「実は、彼女のような叩き上げ型のメンバーは、実際の人気よりも、内部の動揺のほうが深刻です。菊地のような雑草タイプのメンバーが活躍すれば、他の地味なメンバーの発奮材料になる。彼女が去ってしまうことで、選抜以外のメンバーのモチベーション低下が心配です」(前出・アイドルライター)

 新陳代謝の激しいAKB48の生存競争はまだまだ激しいようだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング