平成の盾男「武豊と天皇賞」(3)ディープインパクトより強い馬はいない

アサ芸プラス / 2014年5月2日 9時56分

 97年秋の天皇賞をエアグルーヴで制した武が、92年のマックイーン以来となる春の盾制覇を果たしたのは、99年のことだった。

 パートナーは、前年ダービー初勝利をプレゼントしてくれたスペシャルウィークだった。

 目的は忘れてしまったが、その春天の少しあと、彼の自宅を訪ねた。ちょうど、弟の幸四郎や、当時騎手だった石橋守、千田輝彦らも来ており、庭でバーベキューパーティをした。トングで肉を裏返しながら、

「これで2年連続、前の年に有馬記念を使わなかった馬が春天を勝ちましたね」

 と武が言った。前年、98年の勝ち馬メジロブライトも、スペシャルウィーク同様、有馬記念をスキップするローテーションだった。

 さらに彼は続けた。

「もうひとつ、知ってました? 前年のダービー馬が春天を勝つと、阪神が優勝するんですよ」

 その年、彼がずっと応援している阪神タイガースは野村克也新監督のもと、6月には一時首位に立つほどの勢いを見せていた。前年のダービーを含む三冠を制したシンボリルドルフが春天を勝った85年、阪神は日本一になった。それ以来の虎フィーバー到来かと思われたが、結局、最下位に終わった。彼がつなごうとした春天と阪神優勝のリンクは途切れてしまった。

 同年秋の天皇賞をスペシャルで制した彼の、次の春の盾戴冠は、06年、ディープインパクトとのコンビによるものだった。

 3コーナーから動いて前をひとマクりにし、さらに直線「飛んで」、2着を3馬身半突き放して圧勝。従来のレコードを1秒も短縮する3分13秒4という驚異的なタイムを叩き出した。「世界にこれ以上強い馬がいるのかなと、正直、思いますね」

 そう話した武は、以来、春の盾は8年、秋の盾は6年、手にしていない。

◆作家 島田明宏

◆アサヒ芸能4/28発売(5/8・15合併号)より

アサ芸プラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング