久々の全国放送に登場した加藤晴彦に怪しい噂

アサ芸プラス / 2014年5月13日 9時59分

 5月7日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ)「プロ野球を語り尽くそうSP~セ・リーグ編」に懐かしい顔が登場した。加藤晴彦だ。

 90年代後半~00年代初頭、ドラマやCMで大活躍した元祖イケメンタレントだが、いつの間にかキー局で姿を消すと同時に活動の場を地元・名古屋に移していた。

 しかし、近年は唯一のレギュラー番組だった中日ドラゴンズ応援番組も終了し、いよいよ露出が風前の灯となってしまっていた。

 バラエティ番組ディレクターが話す。

「『ナカイの窓』に出演した彼を見てビックリ。年齢を隠す年不相応のメイクも違和感を感じましたが、何より目の下にある特徴的なクマがハンパじゃありませんでした。司会の中居正広さんをも上回るクマです。アルペンのCMで女子のハートをキュンキュンさせていた面影は完全に消えていました。あまりの劣化にがっかりした当時のファンも多かったようです」

 テレビから消えると、こんなにもオーラが消えてしまうものなのか。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング