岩佐真悠子がぶっちゃけた「超肉食私生活」

アサ芸プラス / 2014年5月14日 9時59分

「結構、稼ぎはよかったんですけど。あと1カ月で(交際)2年っていうくらい。一緒に住んでたんですけど。料理ちゃんとしてましたよ。でもちょっと口うるさくて、私が酒飲みに行くのを文句言うんで、イヤになって」

 4月27日の「サンデージャポン」(TBS系)で、岩佐真悠子が交際相手との破局を告白した。そういえば、ちょうど2年前の同番組で、

「今、付き合っている人はいます。年上の会社員の人です。めちゃくちゃ結婚したい」

 と報告していたのだが、どうやらかなわなかったようである。

 その2日後の4月29日、今度はトークバラエティ番組「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演し、さらにこの件についてあけすけに語っている。

「実は結婚を考えて2年間同棲した会社員の彼氏と別れたばかりなんです。私の人生、この人はいちゃいけないと思って」

 これにMCのフットボールアワー・後藤輝基が「会社員とどうやって知り合うの?」とツッコミを入れると、

「友達のお兄ちゃんの友達。知り合って2回目に飲みに行って『今日、お前んちに行く!』と言って」

 なんと、超肉食で積極的な押しかけ同棲だったことを明かしたのだ。

「彼女は以前から『自分がこうしたいと思ったら行動するわけだし、みんなが自分の気持ちに素直に生きればいいと思います』などと、男には自分からアタックする積極派であることを公言しています」(ワイドショースタッフ)

 ちなみに、「(付き合う男は)断然、肉食系がいい。弱いより強いほうが素敵」と語ったこともあるが、自分のほうが相手よりも肉食度は上だったのだ。

 岩佐は「今夜──」で破局後に引っ越したことにも言及し、

「(引っ越しは)昨日。もうスッキリしました。解放感いっぱいで、毎日飲み歩いています」

 午後7時に飲み始め、店を出たのは翌日の午後3時という「昼帰り」もあったんだとか。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング