山本リンダの「狙いうち」カバーでデビューしたキャバ嬢アイドルの波乱万丈人生

アサ芸プラス / 2014年5月15日 9時59分

 キャバクラ界から異色のニュー・アイドルが登場した。その名もアイドル☆ピット。CS放送局 エンタメ~テレの人気番組「アイドル☆ピット」で、昨年オーディションを実施。キャバ嬢やモデルら約1000人の中から難関を勝ち抜いた4人が、4月9日にCDデビューした。

「歌やダンスはまったくの未経験者。半年前からプロのレッスンを受けて猛特訓した。一方でライブ活動を重ねて度胸をつけ、本音丸出しのぶっちゃけトークを武器に芸を磨いてきた。なかなか味のあるライブを見せると評判です」(ネットライター)

 デビュー曲は山本リンダの名曲「狙いうち」だ。♪ウララ ウララ…と歌い出し、踊りまくる。

 リーダーは元キャバ嬢の一色亜莉沙。東海大学在学中に42歳のバツ5の男にのめり込んで大学を中退。男につぎこみ作った借金が200万円。その返済のためにキャバ嬢に転身したという。「彼氏と2人してホームレスにまで落ちたという修羅場体験の持ち主。すがすがしいまでのぶっちゃけぶりで一番人気です」(芸能ライター)

 残る3人は現役のキャバ嬢。新宿区の「アンシャンテ」勤務の水輝ひかる。千葉市の「ガーデンズクラブ」勤務の佐藤円香。そして派遣キャバ嬢の舞は「男性の頭に下着をかぶせるのが大好き」という自称変態だそう。

「共通の趣味が競馬なので、予想企画などであちこちから声もかかりそうです」(芸能リポーター)

 今年から都内各地でライブを続けており、いよいよ5月からは大阪、名古屋に遠征してライブツアーを行う予定。メンバーが登場する書き下ろし小説「キャバクラ探偵事務所」(新堂冬樹)も発売中だ。

 決め台詞は「あなたのご指名、お待ちしております!」 会いに行けるキャバ嬢だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング