さとう珠緒 四十路になっても“童顔セクシー”で再ブレイクする?

アサ芸プラス / 2014年6月5日 9時58分

 旅番組で特濃色気を発散したのは、さとう珠緒(41)。5月17日放送の「土曜スペシャル 街道歩き旅13」では、リレー方式で中山道を徒歩で踏破する旅人の一人として登場した。

 山道歩き旅の途中、立ち寄り温泉でポチャリ。

「気持ちいい~。温まるぅ~」

 茶褐色のにごり湯の中でお湯につかる珠緒。湯加減を視聴者に伝えるべく温泉レポートを始めるのだが、カメラはズィーンと胸部をアップに捉える。と、湯面に沈んだバスタオルから昨日の峠のようにそびえ立つ険しい谷間が…。

「これで疲れもだいぶ取れます」

 手でお湯をバシャバシャと肩に流すたびに、ムニュッと柔らかそうな弾力に富んだ濡れ乳がポニョポニョと揺れる。

 まさに、お色気「ぷんぷん」のみごとなセクシー温泉レポートなのだ。

「41歳とはとうてい思えない確かな膨らみ、艶、ハリ‥‥。ネットの実況中継でも『NY(にゅうよく)シーンキター』と大いに盛り上がっていました。今年1月には、同じくテレ東の『冬は東北の温泉へ!極上22湯を制覇する旅』でも小野真弓(33)と入浴競演を果たしています。肌のツヤも谷間の深さも、年下の小野相手に負けていませんでした。今後は温泉入浴レギュラーを始めてもいいのでは‥‥」(織田氏)

 今年2月には所属事務所との金銭トラブルが発覚したさとう。深夜番組では「知人を通じてヘアヌードとAVとセットで1億3000万円」という破格のオファーがあったことまで告白している。

「これまで戦隊モノのヒロインから、ぶりっ子キャラまでバラエティタレントとして活躍した珠緒さんですが、艶っぽい温泉レポートぶりからは、新たな活躍の場を見つけ生き生きしている感じが伝わってきます。今後もっと“童顔ロリSEXY”を全面的に押し出していけば、十分再ブレイクが期待できますよ」(三杉氏)

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング