後藤真希 芸能界復帰につきまとう「すさんだ私生活」への不安

アサ芸プラス / 2014年6月10日 9時59分

 2012年1月から無期限で活動を休止していた後藤真希(28)。先月27日の自身のブログ「G-motion」で、“なんともhappyなお声がけががががっ!ゎたしにピッタリな?!感じの?!♪そんな嬉しいお声掛け いただいちゃいました”と復帰をにおわせる書き込みをした。これには古くからのモーニング娘。ファンも大喜び。

「約2年余りも沈黙を守ってきた後藤ですが、今年の4月に人気ゲーム『モンスターハンター』のゲームイベントに久しぶりにその姿を現しました。そしてその直後にはブログまで開設。これは復帰に向けた準備と言えるでしょう。実際、事務所の人間ともコンタクトを取っているようです」(イベント関係者)

 まさに活動再開秒読みだが、一方で関係者の間ではこんな不安の声も上がっている。

「後藤は実はゲーム依存症にかかっているんです。母親の死、弟のユウキの逮捕などここ数年彼女に様々な災難が起きました。その現実から目をそらすためにゲームにハマっていったのです。彼女の家には専用のゲーム部屋まであり、モーニング娘。で稼いだ金もオンラインゲームに大半をつぎ込んだと言われています。このゲーム依存から脱しない限り仕事に穴をあける恐れも」(レコード会社スタッフ)

 それだけではない。後藤のすさんだ男関係にも懸念の声が上がっている。

「後藤はかつてユウキと一緒に強盗を働き逮捕された男と恋人同士でした。ホストと付き合って大金を貢いだこともある。後藤は基本的に“ダメ男”が好きなんです。この悪循環から抜け出さないと、芸能界復帰も台無しになる可能性がありますね」(スポーツ紙デスク)

 ファンの期待とは裏腹に、先行きは怪しい模様。かつての輝かしい姿をテレビで見られる日は、来るのだろうか?

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング