ざわちん 素顔初公開で克服した「馬面」コンプレックス

アサ芸プラス / 2014年6月16日 9時59分

 元AKB48の板野友美や滝川クリステルのものまねメイクで注目のざわちん。

6月9日に放送された「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)では、SMAPのものまねメイクや、トレードマークのマスクを取って素顔を見せたことで話題になった。

「ブログでは時々素顔を載せていましたが、テレビで素顔を初披露するならスマスマでと決めていたそうです。本人もまさか本当に出られるとは、と驚いていました。人気番組に出たことで、『これでコンプレックスに悩む人にメイクで克服できることをアピールできる』と喜んでいましたよ」(テレビ局スタッフ)

 ざわちん自身、コンプレックスが強く、中学時代からずっとマスクをしてたという。

「顔の下半分が長いのと八重歯を隠したかったそうです。八重歯は親に内緒で爪やすりで削ったこともあったくらい。また、今は流行ってますが、以前は涙袋が嫌でマッサージをして減らそうとしたことも。昔はガリガリな上に男っぽく、女の子からナンパされることもあったそうで、美意識に目覚めてからはそれを克服し、自分を変えるために始めたのがものまねメイクです。マスクを外すと『顔長』や『馬面』といじられる苦い経験からメイク術を研究してきたそうです」(芸能関係者)

 最近やっと、マスクを外して行動できるようになったというざわちん。彼女の活躍に勇気づけられ、今後、メイク術でコンプレックスを解消できる女性と、そのメイクに騙される男性が増えていくに違いないだろう。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング