みのもんた「プロ野球16球団制にしても景気はよくならないでしょ?」

アサ芸プラス / 2014年6月28日 9時57分

 W杯日本戦後の渋谷の交差点、あれはひどいもんだね。勝ったら喜んでバカ騒ぎ、負けたら悔しいけどバカ騒ぎ、ただバカ騒ぎしたいだけなら、サッカーなんて観なくてもいいんじゃないの。だから、痴漢してやろうなんて不埒なヤカラまで現れちゃう。

 そんなサッカー一色の日本だからこそ、この野球のニュースは気になる!

【アベノミクスでプロ野球16球団に拡大】

自民党の日本経済再生本部がまとめた「日本再生ビジョン」で、地域活性化案としてプロ野球球団を12球団から16球団へ増やすプランが盛り込まれ、政府に提案がなされた。甘利明経済再生担当大臣は「地域振興策の一つのアイデア」と評価しているが‥‥。

 球団が増えると地方の景気がよくなる‥‥って本気で思ってんの? 球団経営はそんなに楽じゃないよ。どこがスポンサーになってくれると思ってるのかな。

 ベイスターズだって、TBSがDeNAを探すまでどれだけ大変だったか。

 もし作るとしたら、球団のない北陸とか四国、あと南九州とかになるかな。本当に観客動員は見込めるのか。確かに、楽天は球団がなかった東北に作って成功しているかもしれないけど、初年度は球場の収容人員が足りないというんで、観客席を増設したりテンヤワンヤだったよね。しかも、今はドーム球場が主流で、球場建設だけでも大変だよ。

 そもそも、楽天誕生の契機となった近鉄バファローズ消滅の時、1リーグ制問題というのが持ち上がった。その時は「全体で10チームのほうが球団経営の観点から見ていい」とか言われていたのに、勝手だねぇ。

 観る側にしても、今の日本人はメジャーと比較して日本のプロ野球を見ている。プレーだけじゃなく、1人の選手を引き抜くのにウン十億円とか、金銭面でもよりスケールがデカいプロの世界が海の向こうにある。しかも、日本人選手がアメリカを目指してしまっている現状で、日本なりの歴史あるスポーツだけど、これ以上、国内でプロ野球を拡大していくのには限界があると思うわけ!

 そこで、私は本当に野球で地方を活性化させるなら、昔からある「都市対抗野球」を盛り上げるべきと言いたいね。私が幼い頃の都市対抗といえば、もっとおらが町の球団同士のぶつかり合いだったのに、いつの間にか企業対抗みたいになっちゃった。何度も予選をやらずに、夏の高校野球のように一都一道二府四十三県それぞれのチームが競い合う全国大会をやれば、もっと盛り上がるはずだ。

 基本的に、日本人は「国をあげての戦い」って好きなんだし。本当の戦争はゴメンだけど、スポーツでの競い合いは大歓迎だよ。

 テレビで中継して、試合前にそれぞれの地方の歌を歌ったりするのもいいじゃない。番組タイトルは「秘密のケンミン“野球”SHOW」でいいじゃない。えっ、お前が司会をやる気かって? 私以外に適役がいないじゃない(笑)。

◆プロフィール みのもんた 1979年に文化放送を退社後、フリーアナとなる。以後、数々の番組で司会、キャスターを務める。1週間で最も生番組に出演する司会者のギネス記録保持者でもある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング