中川翔子 「猫騒動」でツイッターが大炎上した理由

アサ芸プラス / 2014年8月25日 9時59分

「しょこたん」の愛称で人気の中川翔子。大の猫好きでも有名で、10匹の飼い猫をブログでも披露している。そんな彼女のツイッターが今物議をかもし出している。事の発端は、一般人のこんな書き込みからだった。

「この一般人は2匹の猫の里親を募集していたのですが見つからず、今月の14日に『この2匹を保健所に連れていきました』とツイッターに書きこみました。それに中川が猛烈に反応して『保健所に連れていくなっ』と叱責するコメントを書き込んだのです。これがきっかけで彼女のツイッターは炎上。彼女を非難する書き込みが殺到しています」(スポーツ誌記者)

 中川は、すぐさま「言葉遣いが悪かったです」と謝罪。しかし、事はそれだけで収まらなかった。

「彼女が過去に自ら立ち上げたファッションブランドで、ウサギの毛皮を使ったパンツやコートを販売した事についてツイッター上で非難が集っています」(ファッション誌記者)

 中川は自分のブランド“mmts”で過去に動物の毛皮を使った事があり、それが動物愛護者から反感を買った事があった。数年前の出来事ではあったものの、このツイートが原因で再びやり玉に。彼女の“動物愛護”に関する姿勢まで問われている。

「動物大好きを売りにする中川ですが、以前クリオネを自宅で飼った時、死なせてしまった事があります。原因は、クリオネの水槽のコンセントを猫が抜いてしまったから。彼女には『猫のせいにするな』という声があがりました。そんな過去の事もあり、この騒動は、もうしばらく続きそうで困っています」(事務所関係者)

 オタクアイドルの第一人者として、ネットで様々な活動をしている中川だが、その発言や行動は、あまりにも軽率。この炎上は、しばらく収まりそうもない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング