「万病の元」のメタボ解消にタワシが効く!?

アサ芸プラス / 2014年9月1日 9時59分

 肥満は、糖尿病、高血圧、脂質異常症など、驚くほど多くの病気を招く要因となる。さまざまなダイエットを試みては挫折しているアナタ。タワシ1個で念願のダイエットが叶うかもしれない!

 1975年と比べると男性は肥満の割合がほぼ倍増しており、40歳代男性の34.8%、50歳代は33.4%が肥満(厚生労働省調べ)なのだ。

 ちなみに肥満指数(BMI)は、体重(kg)÷{身長(m)×身長(m)}で計算し、25以上は肥満と判定される。

「統計上、BMI22の人が高血圧や高脂血症、糖尿病などに一番かかりにくいことがわかっており、これが標準です」(日本肥満学会・事務局)

 肥満解消には運動が一番とわかっていてもなかなか続かない。ところが、この肥満解消に、あのタワシがいいという実践者は少なくない。歌舞伎の市川海老蔵もその1人。先日のブログにこう記している。

〈最近の毎朝の日課はタワシで身体をこする事。毎朝のタワシ君! オススメです〉

 また、俳優の高橋英樹は30年以上続けているという。なぜタワシが効く?

「日本で古くから親しまれている健康法に『乾布摩擦』がある。タワシもこの1つ。タワシ健康法の基本は、皮膚を鍛えて健康になる方法。皮膚を摩擦によって刺激し血行を高め、自律神経を整える効果がある」(整体師の森源一郎氏)

 腸の動きを良くし、体内に老廃物を溜め込まないのでダイエット効果が高い。やり方は簡単。お風呂に入った時、体を洗う要領でタワシで体をマッサージすればよい。ゴシゴシやる必要はなくやさしくこすればいいのだ。

「タワシは良質の天然繊維を使用したものを使うほうが良い。初めての方は、柔らかいタワシから始めるといい」(森整体師)

 注意事項としては、皮膚の極端に弱い人や皮膚に炎症を起こしている人、動脈硬化症の人などには、この健康法は不向きとのことだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング