みのもんた「潤っているのは一部の大企業だけ」

アサ芸プラス / 2014年9月6日 9時56分

 今年も無事に誕生日を迎えさせてもらいました。もう古希か、いやいやまだ古希だ。70歳まで生きてきたけど、まだまだバリバリ働ける! えっ? その割りにはテレビに出てないじゃないかって? この際、文筆業1本にしぼるのもいいかな‥‥フフフ。やはり無理だね。話すほうが早いから、書くほうの手がお留守になっちゃう。こんな発表を見ると、手より口のほうが先に出ちゃうんだよ!

【GDP激減~個人消費下落、震災時以来の低迷】

内閣府が4~6月期のGDP速報値を発表。1~3月期に比べて1.7%減となり、このペースが続けば年率6.8%減となり震災時以来の落ち込みとなる。政府や財界は消費増税による駆け込み需要の反動と見ており、7~9月期で挽回すると見ている。

 時期を見れば、消費増税の影響なんていうのはバカでもわかるよ。ただ、14年は株価も上がって、景気も上がったっていうけど、本当に潤っているのは、大企業だけ。その大企業の社員だって、給与が10%も増えたとこなんて、まずないでしょう。GDPというのは、企業がモノを作る・売るだけで成り立つんじゃない。鍵を握るのは個人消費。これが伴わないと、数値は上がらないんですよ。なのに個人消費は著しく落ちてます。何で、そう思うのかって? 私は水道メーター屋の社長でもあるわけだけど、新築着工件数が上がっていない。これが大打撃でもあるわけだけど、誰も家を建てようと思っていないんですよ。

 何も家を建てるという大金を遣うだけでなく、日々の消費だって先細りですよ。私の一番の“経済活動”である飲み屋巡りで、それがわかる(笑)。新しい居酒屋をのぞくと、一品300円均一とか、低価格を売りにした店ばかり。学生向けの店かと思えば、店内にはサラリーマンが多い。皆、そういう店で我慢しているわけだよ。会社員は「入ってくる金が増えないのに、どうやって金遣えって言うんだよ!」という気分なんじゃないかな。

 なのに、安倍さんが推し進めたがっているのが「ホワイトカラー・エグゼンプション」。ホワイトカラーなんて言葉にダマされちゃいけないよ。これは、「残業代は出さないけど、お前らいい仕事したら評価上げてやるから」という話だ。経営者なら飛びつきたい制度だよ。体のいい賃金カットだからね。

 駅前で街頭販売して売り上げ個数で勝負する商売ならわかりやすいけど、わかりやすい数字が出ない商売もある。会社員が残業なしで5時までに帰れるならいいけど、残った仕事はどうするの? 翌日に仕事をしていたら、能力がない人って判断されて給料下がっちゃいますよ。結局、サービス残業が増えて給料が増えない。どんどんブラック企業化していくしかない。過労死一直線だ。経営者は「国がそう言うんだからしかたない」で済ませちゃうよ。

 そのうえ、来秋消費税が10%に上がる。そうでなくとも国の借金は1000兆円を超えているわけだからね。「税金を上げる」以外に「年寄りがためている金を吐き出させる」しか返済の手だてがない。多少の景気上昇とは関係なく、我々の生活はますます厳しくなりますよ。それでも安倍さんの支持率は50%を切ってないし、内閣改造でまた少し上昇するでしょ。いったい国民はどこを見てるのか。心配でしょうがないよ!

◆プロフィール みのもんた 1979年に文化放送を退社後、フリーアナとなる。以後、数々の番組で司会、キャスターを務める。1週間で最も生番組に出演する司会者のギネス記録保持者でもある。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング