芸能美女たちの“ピンク過去”を総力発掘!「ハプニング編」(2)満島ひかりの“ワキ毛”事件

アサ芸プラス / 2014年9月25日 9時58分

 今や演技派女優として人気の満島ひかり(28)のヌード以上に恥ずかしい場面があるのが、映画「カケラ」のワンシーンだ。

「映画ではレズに目覚める女子大生を演じるのですが、好きな女性の命令でワキ毛を剃ってはいけないと命じられて、そのまま生やしっぱなしにするんです。ストーリーの中盤で、満島が部屋に寝転がるシーンがあるのですが、その際に全身で伸びをするのですが、彼女の天然のフサフサのワキ毛が拝めるんです。ちょっと茶色っぽくて色素が薄め。意表を突くシーンで、画面に釘づけになること請け合いです」(映画ライター)

 意外性で言えば、衝撃のお宝写真として語り継がれているのが、鷲尾いさ子(47)の「バストトップポロリ写真」だ。

「91年に彼女が、卓球のイメージアップのために開いたディナーショーにゲスト出演。その時に1曲歌ったのですが、白のドレスから左乳首がポロリとハミ出てしまった。しかも、本人がそれに気がつかず、写真誌に掲載後にわかったという伝説のハプニングでした」(居合わせた記者)

 誰か指摘してあげる人はいなかったのか?

 とかく、ポロリなどのハプニングに事欠かなかったのが、「スーパージョッキー」(日本テレビ系)の熱湯コマーシャルのコーナー。コーナー進行役の飯島直子(46)が、生着替えを披露し、タイムアップであわやヌードが出そうなこともあったほど。

「まだブレイク前でグラドルだった優香(34)も青のビキニでチャレンジ。ところが、彼女のボディに比べ水着が小さく、たわわなオッパイがこぼれそうに。さらにパンツも食い込んで、あわや放送事故になるところでした」(テレビ誌記者)

 女子アナでは、元TBSの青木裕子(37)が女子アナ時代に発した「夜の営みは年間300回ぐらいがいい」発言が有名だが、やはり最強ハプニングを選ぶとするなら、元日本テレビの魚住りえ(42)が、アイドルアナ時代に経験したこのシーンだろう。

「整体師にマッサージを受けていたところ、突然、『乳ガンの可能性が‥‥』と言いながら、魚住のおっぱいを両手で揉みしだいたんです。抵抗できない魚住が『先生、胸触ってます!』と拒んでも我関せず。1分以上も触りまくっていました」(放送担当記者)

 やはり素人にはかなわない!?

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング