疾風!ボートレース「戸田の申し子!桐生を狙い撃つ」

アサ芸プラス / 2014年9月25日 9時57分

 埼玉の桐生順平は戸田でデビューを飾り、この水面で実力をたくわえた戸田の申し子である。桐生は最近半年間に合計108走したが、そのうち36走、なんと3走に1度までが戸田水面だった。36走の着取りは1着22本、2着8本。1着率61.1%、2連対率83.3%。3着4本で3連対率94.4%。着外2本、戸田勝率8.75という驚異的な航跡を残してきた。

 6月17日にはインからコンマ08のトップスタート一発、あっさり馬袋義則らを破って優勝。7月8日には2コースから鮮やかに間嶋仁志をまくって連続優勝を決めた。これまで戸田が生んだ名手・巧腕は数多いが、桐生は戸田史上最強の道を着々と歩んでいるように見える。平均タイミングはコンマ13。どのコースから出ても桐生は旋回のハンドルがぶれない。

 9月23日【火】~28日【日】に行われるGI「第1回ヤングダービー」は戸田が舞台。狙いたいのは桐生である。配当的に狙いにくいという声があるかもしれないが、実は7月8日、桐生が間嶋をまくった優勝戦は2着・山本修一、3着・後藤正宗で3連単1万8050円の波乱を呼んだ。今回は、新田雄史、峰竜太、山口達也、篠崎元志・仁志らが居並ぶ大激戦。配当も決して平穏には収まらないだろう。

 なお、桐生の次走は10月2日~5日の「三国一般戦」となっている。

◆ボートレース評論家・水上 周

◆アサヒ芸能9/22発売(10/2号)より

アサ芸プラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング