岡田准一が脚光を浴びるまでの意外すぎる道のり

アサ芸プラス / 2014年10月6日 9時59分

 現在放送中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」で主演の戦国武将・黒田官兵衛を熱演しているV6・岡田准一(33)。

 所属するジャニーズ事務所のタレントは、オーディションに合格すると、幼い頃からレッスンに励み、寮生活を送ってデビューを目指すのが通例だ。

 実際、岡田にも寮生活を送っていた期間があるが、そのデビューまでの道のりは数多いジャニーズタレントの中でも異質だったという。

「岡田さんはもともと、ビートたけしが司会を務めた人気バラエティー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)のコーナー『ジャニーズ予備校』出身ですからね」(放送作家)

「ジャニーズ予備校」は文字通り、ジャニーズタレントを目指す若者を番組がサポートするという企画だった。

 番組で岡田は、共演者の高田純次にバズーカ砲で早朝に起こされるなどデビュー前からバラエティの洗礼を浴びたわけだが…。

「もちろん、企画をスタートするうえでジャニーズサイドにも承諾は得ていましたが、正直言うと同事務所はあまり乗り気でなかった。ジャニーズにはジャニー喜多川社長の“若い男の子のスター性を見抜く天才的な眼力”など、独自の新人発掘マニュアルがありましたからね。テレビ局との付き合いもあって渋々企画に承諾はしましたが、その出身者に大した期待をしていなかったのが実情です」(前出・放送作家)

 実際、同企画に集まった多くのイケメンたちがジャニーズという巨大な壁に弾き返されたわけが、唯一の例外となったのが、岡田だったのである。

「ジャニー喜多川社長は岡田さんの才能にベタ惚れし、合格させました。実際、V6結成の際、ジャニー喜多川社長が最年長メンバーである坂本昌行さんにメンバーの選出を電話で相談した時も『岡田っていうやつがいるんだけど、これがイイんだよ!』と大絶賛していたそうです」(前出・放送作家)

 その後、岡田は俳優としても脚光を浴びて、今回大河ドラマの主演を務めるまでに成長したわけだが、大河俳優となった今の岡田にとって「ジャニーズ予備校」は黒歴史なのかもしれない!?

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング