山口健治の“江戸”鷹の目診断「松山記念」

アサ芸プラス / 2014年10月30日 9時57分

◎平原が石井とのまくり合戦を制す

 選手の調子が判断できる最もシンプルな材料が「1着本数」だ。

「松山記念」(10月31日【金】~11月3日【月】)に出走予定のS級S班は、後閑信一平原康多。自在に動ける埼京コンビで、後閑は今年2度目、平原は3度目の記念優勝に照準を定める。

 迎え撃つ地元勢を文字どおり牽引するのが原田研太朗。98期ただ1人のS1、9月前橋ASでオリオン賞から走り、準決勝に進出したのは特筆できる。

 四国ナンバーワンの先行であり、24歳の若さはその機動力とともに何よりの武器。そして、注目したいのは1着を量産していることだ。まくりに頼りがちなのは気になるものの、勝利は自信になる。ファンの応援を追い風にホームバンクで白星を重ねるようなら、次走の小倉競輪祭(11月21日~24日)でも目が離せなくなる。

 菊地圭尚に、ようやくエンジンがかかってきた。舞台不問で活躍しながら原田とは対照的に1着が少なかったが、前走・千葉記念【2】【1】【1】●【2】(●は決勝レースの着順)。惜しくも優勝は逃したが、北のレース巧者健在をアピールした。ここは自在型で同型の平原との戦いになる。

 さて、並びと展開。四国は原田─濱田浩司橋本強の地元愛媛トリオで結束は固い。九州は松岡貴久吉本卓仁園田匠。近畿中部は手薄で中村一将竹内雄作が勝ち上がり圏内だが、苦戦を強いられそうだ。東日本は南関が石井秀治林雄一の2車も、関東は平原─後閑─神山雄一郎、北日本は福島の飯野祐太佐藤慎太郎に菊地─内藤宣彦がつけて、強力な4車ラインになっておかしくない。

 先行するのは原田。中団が取り合いになっても、レース運びのうまさで平原のもの。ラインが長い飯野と松岡が動いて、流れは一気にヒートアップする。

 本命は平原。好位からのまくりで、今年3度目の記念V濃厚と見た。平原にまくり合戦を挑む石井が対抗。道中、ロスなく回れば菊地の逆転も十分ある。

 伏兵は渓飛雄馬(愛媛・86期)、北野良栄(千葉・95期)、黒川茂高(滋賀・97期)の3選手。

 地元で位置を主張できるのが渓。直線抜け出しがある。北野はプロ野球(ソフトバンク)の元選手、黒川はレスリングから競輪界入りしている。そろって180センチを超える大柄の機動型。マイペースに持ち込めば、簡単には止まらない。1着で狙いたい。

◆プロフィール 山口健治(やまぐち・けんじ) 1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

◆アサヒ芸能10/28発売(11/6号)より

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング