柴咲コウが独身を貫いている本当の理由

アサ芸プラス / 2014年10月31日 9時59分

 女優の柴咲コウが、10月からスタートした小栗旬主演のフジの月9ドラマ「信長協奏曲」でもヒロインを務めている。

 これまで数々のドラマや映画に出演し、今年で33歳になった柴咲だが、同作は時代物ということで、劇中ではしっとりとした着物姿で大人の色気を放っている。もちろん、気になるのはそのプライベートだ。

 過去には「DA PUMP」のISSAや妻夫木聡、ロックバンド「UVERworld」のTAKUYA∞、音楽ユニット「jazzin’park」の栗原暁など次々と浮名を流し、“恋多き女”としても知られるが、「V6」の三宅健との熱愛が昨年に報じられてからというもの、最近は浮いた話が聞こえてこない。

 三宅との交際が順調と見る向きもあるが、その一方でこんな情報も…。

「最近、柴咲さんがサッカー元日本代表の中田英寿さんと付き合っているという噂があった。実際、今秋に2人が京都の嵐山でデートしていたという目撃談をもとに芸能マスコミが取材に動いているとも」(広告代理店関係者)

 中田氏といえばサッカー選手を引退後、“旅人”として世界中を旅し、現在は企業の役員や理事を務めるなどビジネスマンとして活躍中だ。プライベートでは、米倉涼子や滝川クリステル、宮沢りえらとの親密関係が騒がれ、プレイボーイとしても名をはせたが、いまだに独身を貫いている。

「2人のデート情報に関しては、こちらのほうにも入って来ています。中田さんも柴咲さんも交友関係は広く、知人を介して知り合った可能性は十分あります。そして、何よりも2人とも恋愛体質で三十路に突入しても独身を貫いているあたりも興味深いですよね」(情報番組の芸能担当スタッフ)

 2人が“真剣交際”となれば大物カップルの誕生となるだけに、何とも気になるところだ。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング