満島ひかり、「Folder」時代から続く三浦大知との関係

アサ芸プラス / 2014年11月26日 10時0分

 宮藤官九郎脚本のドラマ「ごめんね青春!」(TBS系)。視聴率の低迷が話題になっているが、実際の視聴者はもっと多いのではないかという、こんなデータもある。

「実は『録画予約』では今期1位という調査があります。クドカン作品は一回見ただけでは気がつかない小ネタが多く、繰り返しチェックしたいという熱心なファンが多いからです」

 また、出演する女優・満島ひかり(28)の演技も好評で、一部視聴者からは「才能の無駄使い」とまで賞賛されるほどだ。

「16日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した坂上忍さんも、彼女の演技を『別格』と言っていました。そんな満島さんが小ネタ満載のドラマの中で、弾けた演技をしているのがウケているようです。夫で映画監督の石井裕也さんにも好評のようですよ」(週刊誌記者)

 満島が12歳の時、7人組アイドルユニット「Folder」の一員としてデビューしたのは有名な話だが、その頃の体験が女優業にも役立っているという。

「Folderのヴォーカルを務めていた三浦大知くんとの出会いに衝撃を受けていたようです。三浦くんは当時からその並外れた歌唱力とリズム感が高く評価されていましたが、満島さんも『若い時に、凄く近くで本物の才能に接した事は財産』と言っています。その体験が女優を志す際、『私も本物になりたい』と誓うきっかけになったんだとか。その為に私生活の段階から意識を変えているそうです」(前出・週刊誌記者)

 また、別の関係者は二人の関係をこう話す。

「三浦くんは現在、歌手、ダンサーとしてはもちろん、振り付けや作詞、作曲などの裏方でも活躍しています。『踊れる歌手としては日本で1番』と、世界的な評価も受けていますね。二人は今も親交があり、満島さんも『分野は違うけど、話すと凄く刺激を受ける』と言っています」(芸能関係者)

 女優としてますます評価を上げる満島、ドラマの視聴率も同様に上がってくれれば言うことはないのだが‥‥。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング