「怖くて眠れなかった」…滝沢秀明が漏らした今井翼がいない不安

アサ芸プラス / 2014年12月22日 9時58分

 メニエール病で療養中の「タッキー&翼」の今井翼が、14日に横浜アリーナで行われた公演のアンコールにサプライズ登場した。今井は体調不良を訴え11月に入院。10日~14日のコンサートツアーでの復帰を目指すも間に合わず、滝沢秀明一人の出演となっていた。

「心配をかけたことへの謝罪と、感謝の気持ちをファンに直接伝えました。滝沢くんとハグしたのも印象的でしたね。二人は同学年で入所日も同じ。互いに認め合い、本来はソロデビューするはずだった滝沢くんが、今井くんとユニットを組むことを希望し、2002年に『タッキー&翼』を結成しました。二人ともJr.時代から人気でしたが、滝沢くんは特に別格。事務所の期待を背負う重圧に押し潰されそうになった時、今井くんがただ隣で笑ってくれたのが救いだったそうです。『ライブで一人なのが怖くて眠れなかった』と周囲に漏らしていましたから、少しでも今井くんが登場してくれて、ホッとしたと思いますよ」(音楽関係者)

 ジャニーズ事務所の10代、20代の所属タレントたちの多くが、そんな二人を尊敬し、目標にしているという。

「舞台で後輩たちと多く接していますからね。滝沢くんは、完璧主義者で他人に厳しく自分にはもっと厳しいタイプ。ジャニーさんも信頼を寄せ、ルックスもジャニーズの王道です。

 一方、今井くんは、スペイン語やフラメンコにハマったり、元横浜の屋敷要さんを尊敬しすぎて変なチョビヒゲになったこともあるように、やりたいことをやるタイプ。二人とも事務所の信頼は厚いですし、ファンも離れません」(芸能関係者)

 タイプは違うが、強い絆で結ばれた二人。再び一緒に歌う姿をファンは待ち望んでいることだろう。

アサ芸プラス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング