愛犬の死をきっかけに急接近! 竹野内豊と倉科カナ、「17歳差婚」の行方

アサ芸プラス / 2014年12月26日 18時0分

 自慢のロングヘアをバッサリ切って話題を呼んでいる女優の倉科カナ(27)。もしや、失恋! と喜び、いや勘違いしたファンも多かったとか。

「1月から始まるドラマ『残念な夫。』(フジテレビ系)の役作りで、小学生以来のショートカットにした姿がブログにアップされ、話題を呼びました。10月に交際宣言した竹野内豊(43)とは、順調そのものです」(女性誌記者)

 二人が交際するきっかけになったのが、12年の春に共演したドラマ「もう一度君に、プロポーズ」(TBS系)。倉科の一目ぼれから始まったと言われている。

「普通なら、ドラマが終わったらそれっきりになるものなんですが、翌年、竹野内が飼っていた愛犬が亡くなり、やはり犬好きで動物看護師を目指したこともある倉科が、献身的に尽くすうちに、どうやら大人の恋に発展していったようです」(前出・女性誌記者)

 倉科の熊本の実家はブリーダーをしていたこともあり、竹野内の愛犬の死が二人の距離を急速に縮めたようだ。しかし、それだけではない。

「14年の4月には5億円の豪邸を建てて、両親を呼び寄せて一緒に暮らし始めた矢先にお父さんが亡くなり、竹野内もショック受けていました。そんな不幸があって心配をかけた母親には、結婚して安心させてあげたいという思いが強くなったようです。倉科は若いのに料理が上手なことで知られています。しかも、南蛮漬けや筑前煮といった和食が得意。これなら、嫁姑の仲も上手いくともっぱらの評判です」(芸能プロ関係者)

 17歳の年の差を乗り越えての結婚となるか、注目が集まっている。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング