1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

TV美女50人「女優力」最新ランキング(6)オフレコ楽屋現場

アサ芸プラス / 2012年1月29日 11時0分

 やはり一流女優の「女優力」に欠かせないのは、大胆な“脱ぎっぷり”だろう。ハードな濡れ場のみならず、ふだんから裸になることもいとわない開けっ広げな一面もかいま見えるのだ。

 大物女優の中でも、「脱ぎ」に抵抗がないのが黒木瞳(51)だろう。
「彼女の場合、もともと宝塚出身だし、現在の事務所もスタッフも皆、女性。いわゆる女の園で、スタッフの目も気づかず着替えも平気でしてしまう。楽屋で呼ばれた時も、『はいはいっ』とスケスケのババシャツのまま出てくることも多い」(芸能記者)
 若手では、宮沢りえ(38)が“裸族”の筆頭格だ。
「最近、大河ドラマ『江』の控え室で、急にりえが脱ぎだしたのを共演した水川あさみ(28)が暴露しましたが、基本的に彼女は時代劇の衣装や着物が苦手で、撮影が終わるとすぐに裸になる癖がある(笑)。かつて、ドラマの女性ADが台本を届けたら、手だけをドアから出して受け取った時に裸だったことが発覚。その話があっという間に広まり、『リアルサンタフェだ』と騒然となった」(ドラマ関係者)
 なまめかしさでは、北川景子(25)も負けていない。
「彼女は、撮影前に必ずストレッチをしながら撮影現場をウロウロしている。しかも腰を反らせると、オッパイがツンと上を向き、ボディラインも一目瞭然。そのまま周囲に話しかけるので、共演者が『目のやり場に困る』とこぼしていた(笑)」(制作会社関係者)
 さらに、映画やドラマの濡れ場では「前張り」が付き物だが‥‥。
 映画ライターが言う。
「映画『愛の流刑地』(東宝)に主演した寺島しのぶ(39)は『ヘアが生えているのに前張りは不自然』とナチュラル派を貫いている。また川島なお美(51)も『子宮に影響を与えるかもしれない』と話していますが、アラフォー以上の女優は総じて前張りをつけない。かと思えば、吉高由里子(23)の場合は『蛇にピアス』で前張りを着用したあとに、前張りを外す時に『イテテテ』とキャピキャピしながら楽屋で走り回っていたそうです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング