HKT48指原莉乃はガッポリ?気になるアイドルの給料事情

アサ芸プラス / 2015年4月13日 17時59分

 AKB48、ももいろクローバーZ、モーニング娘。人気アイドルグループに続き、でんぱ組.incや私立恵比寿中学など続々とブレイクし、まさに芸能界はアイドル飽和状態。そんな中、気になるのは彼女たちの懐事情だ。

 HKT48の指原莉乃は年収1億と噂され話題となったが、果たして彼女たちのギャラはおいくらなのか? 芸能プロ関係者はこう明かす。

「AKB48はそれこそピンキリです。メンバーの人気度だけでなく所属している事務所によって待遇が全然違う。大手プロに所属しているある総選挙下位メンバーは、月収が新人OLくらいだと話していました。逆に、モーニング娘。の所属するハロープロジェクトはスキャンダルで休業していた矢口真里にすら手当を出していたほどですから、相当手厚いと言えます。最近ではギャラが少ないことをネタにして、ファンに欲しいものをツイッターでリクエストするあざといアイドルも見受けられますね」

 また、数年前まで中堅プロダクションに所属し、アイドル活動をしていた元タレントはこう語る。

「当時、家賃は全額事務所持ちで化粧品や洋服はいただきき物、食事もご馳走してもらっていました。自分のお金を使う機会がまったくなかったですね。お給料はそこそこもらっていましたが、デメリットとしてはクレジットカードが作れなかったことですね。儲けているのは自分のブランドを立ち上げたり、企業と提携して商品のプロデュースをしている人たち。彼女たちは年収が億を超えてるって噂でした。現役時代ガッツリ貯金して悠々自適な生活をしている子もいれば、昔の快感が忘れられなくて、月収は下がってもお給料以上にパーッと使って借金地獄に陥っている子もいる。私の周りのアイドルは大体スポンサーがいるか、潮時にお金持ちと結婚して引退していますよ」

 このご時勢、アイドル業だけで生活できていれば、それだけで大したものと言えるのかもしれない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング