日本人メジャー屈辱の「土下座交渉」現場(3)岩隈の右肩に関するデマも…

アサ芸プラス / 2012年1月26日 10時59分

 さて、冒頭で「年齢による衰え」の指摘があった松井秀は今季、メジャー10年目を迎える。昨年は2割5分1厘、12本塁打、72打点。自己ワーストの成績だった。アスレチックスからFAとなった今、所属先探しは難航を極めている。
 昨季年俸425万ドル(約3億2000万円)からの大幅ダウンは確実と言われる中、松井に対する正式オファーはどの球団からも届かない状態だ。前出・米スポーツマスコミ関係者は、その舞台裏をこう明かす。
「アスレチックスは当初から、年俸200万ドル(約1億5000万円)のオファーを出しています。昨年中に交渉がまとまらなかったのは、もっと好条件のオファーがあるはずだと代理人が考えていたから。ところが、どこからもアプローチはない。この額で残ってくれたら球団としては御の字ですが、逆に言えば、松井の市場価値はそこまで暴落しているということ。今はDHのないナ・リーグにも売り込んでいますよ。膝のケガがあるから毎日は守れませんが、外野手の4、5番手にはなるでしょう」
 日本屈指のスラッガーの、何とも寂しい晩年だ。
 こうした屈辱の扱いを受けている野手陣に対し、投手陣はというと、
「松坂大輔(31)や井川慶(32)のような残念なケースはありますが、黒田博樹(36)はヤンキースと年俸約1100万ドル(約8億3000万円)で契約、斎藤隆(41)にしても、あの年齢にして投球はハイレベル。そういう市場原理が働き、評価は野手より10倍はいいと言えます」(友成氏)
 加えて、ダルビッシュ有(25)には、レンジャーズがポスティング史上最高額となる5170万ドル(約40億3300万円)をつぎ込むなど、投手市場は上昇機運にある。
 とはいえ、基本的にはメジャーの「上から目線」にさらされている現状に、変わりはない。マリナーズと年俸わずか150万ドル(約1億2000万円)で1年契約を結んだ岩隈久志(30)のケースはというと‥‥。
 一昨年オフにポスティングでアスレチックスから4年12億円の提示を受けながら決裂すると、代理人を団野村氏からアメリカ人に変更。前出・メジャー関係者が耳打ちする。
「FAとなった今回のメジャー交渉で、団氏周辺から『岩隈の右肩の状態はよくない』という噂が噴出し、各球団に広まった。切られた腹いせでは、とささやかれたものの、サーッと波が引くように、岩隈を狙っていた球団が消えていき、マリナーズだけが残った。しかも1年契約で。提示額も低すぎるため、他球団のオファーを待っていたが、どこからも声はかからず。マリナーズも『この金額だったら獲りますよ。イヤだと言っても、ウチはそれ以上出せない』と強気でした」
 デマのせいで、楽天時代の年俸3億円から、大幅に買い叩かれたのである。
 ただ、その岩隈本人は自信満々で、「黒田さんが13勝できるんだったら、俺はもっと勝てる」と漏らしているという。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング