美女たちの確定申告(3)女優としての真価が問われる

アサ芸プラス / 2012年2月23日 11時0分

 さらに、最近の高岡は身辺を整理したからか、かつての妖艶なフェロモンが復活しているとの目撃談もある。前出・芸能記者が振り返る。
「去年の12月に連ドラの記者会見に現れた高岡は、3児の母とは思えない艶っぽさでした。やや細身になった印象でしたが、登場した時にはゆさゆさと揺れるFカップ乳は健在で、まさにおっぱいが歩いてきたのかと見間違うほどでした」
 現在放送中の「タイトロープの女」(NHK)では主人公をジリジリといたぶる後妻という悪女役で、女優としての幅を広げているが、
「高岡は、保阪と離婚した直後の05年にはオムニバス映画『Female 夜の舌先』でもバストトップこそ見せませんでしたが、激しい濡れ場を演じています。ベッドでバックから挿入を受け、立ちバック、カニ歩きバックなど、実に7分間にも及んでアエギまくるAV顔負けの作品でしたが、三十路となってなお妖艶な演技を増幅させた底力を魅せつけてくれました」(映画ライター)
 すでに2度に及ぶしっぽり濡れ場をスクリーンに披露している高岡だけに、AV転身も絵空事ではなさそうだ。
「これまでにも人生の節目でヌードを披露し、女優としての記録を残してきたのが高岡の生き方。一度体で稼げることを覚えてしまうと忘れられないものです。実際、お金が枯渇すると写真集で裸になる女優は少なくないが、ヘアヌード写真集の売り上げに以前よりも爆発力がない現状では、AVのほうがむしろ現実味が出てきた」(芸能デスク)
 昨秋にはNHK―BSの旅番組で滝修行に挑戦し、白襦袢をズブ濡れにして久々に艶肌色香と衰えぬFカップを披露したばかり。女性誌記者が証言する。
「高岡はヌードを披露する際には、エステなどで完璧に体を仕上げるほどプロ意識が高い女優です。現在のアラフォーとは思えないしぼり上げたボディはいつヌードになってもいいスタンバイ状態になっていると言えます」
 もはやAV出演も秒読み段階と言えそうだ。
 高岡と同世代のアイドル評論家の堀越日出夫氏は思い入れもたっぷりに、
「高校3年生の時に主演した映画『バタアシ金魚』が忘れられない。当時はまだ巨乳という言葉が市民権を得ていなかったが、まさにその巨乳前夜に、グラビアアイドルとしてではなく女優として水着が張り裂けんばかりの巨乳を見せつけてくれた。もしかなうのなら、鈴木京香ではもの足りなかった『セカンドバージン』のような不倫妻役を見せてほしいものです」
 と、アラフォー濡れ場にエールを贈るのだ。
 前出・デスクが断言する。
「今がFカップ巨乳の刈り入れ最盛期です。これまで人生の節目に脱いでる高岡は、反対に脱がなければ話題を呼ぶことができない宿命にあるんです。これほど脱ぐ条件が整った今こそ、濡れ場女優としての真価を見せるべきでしょう」
 あの伝説のFカップ美乳が再び揉みしだかれる日が一日も早く来ることを待ち望むばかりだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング