本当は170センチ代中盤か!?新垣結衣が隠し切れずに身長を上方修正

アサ芸プラス / 2015年8月24日 17時58分

写真

 公称169センチの新垣結衣が、徐々に身長の上方修正を行っているようだ。8月20日放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)にて「最近になってグングン伸びてる」と発言し、話題を呼んでいる。

 そんな新垣の身長疑惑に注目が集まったのは、2007年のドラマ「パパとムスメの7日間」(TBS系)のときだった。父親役の舘ひろしと並んで記者会見に臨んだとき、181センチの舘と新垣が数センチしか変わらないように見えたのである。しかも新垣の靴はローファーで、ハイヒールによる影響もなかったことから、「おそらく176センチはある」と話題になったのだった。

 新垣は、「櫻井有吉──」において「170後半もない」とコメントし、かたくなに176センチ説を否定しているが、「整体」で伸びたことをにおわしており、170センチの大台は軽く突破していることは間違いなさそうだ。

 その一方で最近、高身長疑惑に答えを出した女性タレントにも注目が集まっている。元Berryz工房の熊井友理奈だ。以前から熊井を知るアイドル誌ライターが説明する。

「熊井は公称176センチですが、2013年にはプロデューサーのつんく♂が180センチ台であることを示唆していました。そして7月29日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)にて公開身長測定を行い、181センチだと判明したのです。ニュースサイトでも熊井の身長が記事となり、検索キーワード急上昇ランキングで“熊井友理奈”がトップになるなど、一気に知名度を高めたのです」

 新垣がまだ10代だった2007年ならいざ知らず、現在では高身長がネガティブには受け止められることもないはず。そろそろ本当の身長を明かして、それを武器にしてみてはいかがだろうか。

(白根麻子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング