起爆剤のはずが一発で爆死!?“大開脚女優”香里奈主演ドラマの期待と不安

アサ芸プラス / 2015年8月26日 9時59分

写真

 10月スタートの連ドラ「結婚式の前日に」(TBS系)で香里奈が主演を務めることがわかった。連ドラ出演は「SUMMER NUDE」(フジテレビ系)以来2年ぶり、連ドラ主演は「私が恋愛できない理由」(フジテレビ系)以来4年ぶりとなる。

 活動休止状態にあった香里奈の電撃復帰に、ツイッター上では「芸能界復帰来たああああ!」「久しぶり~~! 楽しみ!」「応援してます!」など歓迎の声が多数書き込まれている。

 しかし、彼女には決して消せない「黒歴史」があり、活動休止状態に追い込まれたのもそれが原因だとされている。

「彼氏とのベッドインの現場、しかも下着姿で大開脚の姿を写真誌に掲載されましたからね。このドラマの宣伝写真はウエディングドレス姿で、香里奈は『視聴者の方々が見て、共感できるようなリアリティを求めて役作りをしていきたい』とコメントしていましたが、果たして共感してもらえるかどうか。どのツラ下げてバージンロードを歩くんだと思われますよ」(テレビ番組制作スタッフ)

 また、香里奈のキャスティングにはテレビ局側の思惑も見え隠れしている。

「TBSの火曜10時は14年4月から新たに設けたドラマ枠なんですが、視聴率2ケタを超えたのは『マザー・ゲーム』最終回の1回だけ。“コケて元もと当たればラッキー”ですから、一か八かの話題性頼みで香里奈を起用したとしか思えません。しかし、バラエティや単発での出演などを経ずにいきなり主演ですからね。“ヨゴレ”のイメージのついた香里奈を起用するスポンサーとしても諸刃の剣。扱いを間違えれば、起爆剤のはずが一発でドラマが爆死するかもしれませんよ」(テレビ誌記者)

 あえて火中のクリを拾いに行ったTBSの勝算はいかに!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング