「自分を猫だと勘違いしているライオン」V6岡田准一の“痛すぎる”掴み癖

アサ芸プラス / 2015年8月25日 17時58分

写真

 以前からHey!Say!JUMPの伊野尾慧や嵐の櫻井翔などのヒップを触ったり掴んだりすることが取り沙汰されていたV6・岡田准一。とうとう「24時間テレビ38」(日本テレビ系)内で放送された「嵐にしやがれ 生放送スペシャル」で、櫻井が岡田に反撃する映像が流された。

「問題の映像は7月4日に放送された『THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。』での一幕。櫻井が岡田の尻をペロンと触っているんです。櫻井はカメラが回っていない部分で岡田から尻を触られ続けてきたと訴え、自分が岡田の尻を触ったのはお返しだと主張しました」(テレビ制作スタッフ)

 櫻井はその他にも「岡田クンは尻を痛いほど掴んでくる」「自分の力をわかっていない」とも言い募り、共演していたV6、嵐、Hey!Say!JUMPの面々が大きくうなずく様子も映された。

「岡田は07年11月から放送された『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)で激しいアクションシーンに挑むため、撮影クランクインの1年以上前からジム通いをして肉体改造し、その後はフィリピンの武術であるカリ、ジークンドー、USA修斗など格闘技のインストラクター免許まで取得しました。彼の身体能力は一般人とはレベルが違う。『岡田クンは自分を猫だと勘違いしているライオン』と言う若手ジャニーズもいますが、まさにその通りですよ」(芸能関係者)

 岡田に痛いほど尻を掴まれたい女性なら、きっと星の数ほどいるだろうに。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング