ダルビッシュVS上原 ドロドロ「4年確執」(2)敗戦処理扱いの苦い思い出

アサ芸プラス / 2012年3月14日 10時59分

 ダルと上原がこれまでまったく接点がなかったかといえば、そうではない。
 そう、08年に星野仙一監督(65)が指揮を執った日本代表チームのメンバーとして、ともに北京五輪の舞台に立っているのだ。
 北京五輪といえば、オールプロで臨みながら銅メダルすら獲れなかった、赤っ恥の歴史が思い出される。
 当時、ダルは星野監督からエースに指名された。
「しかし、初戦のキューバ戦でKOされると、頭を丸めてリベンジに備えました。しかし、エースだと言われながら準決勝以降はリリーフに回されたうえ、3位決定戦では屈辱の“敗戦処理”までやらされた」(スポーツ紙デスク)
 ダルと星野監督の信頼関係に亀裂が入っていく一方で、上原は監督と良好な関係を築いていた。
 当時、上原はシーズンで不調だったにもかかわらず、国際試合に強い経験を買われ、星野監督の強い希望で代表に選ばれたのである。
「前年の上原は巨人のチーム事情で抑えをやりましたが、08年は先発に戻っていました。それでもクローザーを託したいと星野監督が真摯に頭を下げてきたことで、上原は意気に感じて抑え役を受諾している。合同練習に招集された上原は、星野監督に近づいて冗談を言い合っていた。それを見た、川上や岩瀬、藤川らかつての教え子たちは、星野監督に鉄拳制裁のイメージがあるため、2人の親密ぶりに目を丸くしてました」(前出・スポーツ紙デスク)
 星野ジャパンが結果を出せなかったのは、チーム内のそんなデコボコぶりも無関係ではなかっただろう。
 チームのムードを引き締めるために、全日本の精神的支柱とも言えたキャプテン・宮本慎也(41)の小言も増えた。
「ところが、ダルをはじめとした若手選手たちはアドバイスを煙たがって無視するばかりか、ベテラン選手たちとは完全に距離を置いて、若手だけでつるむようになってしまったんです。ダルはそれだけでなく、代表選手の宿舎に当時の奥さん・サエコ(現在は紗栄子=25=)を同宿させるなどスタンドプレーに走っていた。上原はもちろん、ベテラン勢からは総スカンでした」(スポーツライター)
 あれから4年──。2人はまた同じユニホームに袖を通すことになったが、まだわだかまりは解消されていなかったようだ。
 ダルのレ軍入りが発表された直後、一部メディアの取材に上原は当時を振り返って、こう発言している。
「ほとんど話もしなかった」

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング