まさかのキャラ変!元モーニング娘。加護亜依は「ピー音」で窮地脱出なるか!?

アサ芸プラス / 2015年10月15日 5時59分

写真

 夫との離婚が成立後、事務所の契約も終了し晴れてフリーとなった元モーニング娘。の加護亜依。しかし、先月放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)出演以来目立った活動はなく、現在も開店休業状態が続いている。

「モーニング娘。全盛期の加護は、ベビーフェイスにキュートな歌声で人気を博しました。しかし、26歳でシングルマザーとなった今、アイドル路線はすでに厳しいうえ、夫の逮捕やDVによる悪いイメージがあるため、ママタレントとしての活動も難しい。歌唱力もなく演技もできないようでは“あの人は今”企画以外にオファーはないのでは」(テレビ局関係者)

 しかし、アイドル誌のライターは加護の再ブレイクの可能性についてこう分析する。

「先日放送されたバラエティ番組では、ダウンタウンの松本に『シモがゆるいよね』と突っ込まれた時、元アイドルとは思えないほどのどぎつい下ネタを発していました。放送ではピー音が入っていたため、ネット上では加護の発言について憶測が飛び交い、『私、締まりがいいよ? って言ってなかった?』『いや、よく濡れるよと聞こえる』などと解析されています。連れ込み不倫騒動の矢口真里のように開き直って、モーニング娘。時代の男関係や下ネタをあけすけに喋るキャラに徹すれば需要はあるかもしれません」

 窮地に立たされた加護にまさかの“キャラ変”はあるか。

(佐藤ちひろ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング