「相棒14」の高視聴率に天海祐希と西島秀俊がニンマリのワケとは?

アサ芸プラス / 2015年10月20日 5時59分

写真

 10月14日にスタートしたドラマ「相棒season14」(テレビ朝日)の初回視聴率が18.4%となり、今年の民放ドラマで最高値を記録したことがわかった。この高視聴率に「さすがは相棒!」との声も聞かれ、その声は他のテレビ局からもあがっているという。テレビ誌のライターが解説する。

「ドラマ好きの視聴者は21時台の『相棒』を観た後に、同じ局の『報道ステーション』ではなく、他局のドラマにチャンネルを変える傾向が強いんですね。ここ数年の水曜22時台に『ファーストクラス』や『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、『家政婦のミタ』(日本テレビ系)といった人気ドラマが多いのも、相棒効果と言えるかもしれません」

 たしかにドラマをハシゴして観る人は多そうだ。今年の水曜22時ドラマでは、日本テレビが「偽装の夫婦」(初回視聴率14.7%)、フジテレビが「無痛~診える眼~」(同11.6%)を放送中で、いずれも2桁台でスタート。「相棒」から高視聴率のバトンを引き継いだ可能性も高いだろう。

 一方で前出のライターは、「相棒」が若干パワーダウンしていることを心配しているという。18.4%は素晴らしい数字だが、「相棒」は2011年のシーズン10から4作連続で、初回視聴率19%台をキープしており、今回は微減という結果になっているのである。

 この程度なら誤差の範囲とも言えそうだが、今作では主人公・右京(水谷豊)のバディ役として反町隆史を起用し、かなりの反響を呼んでいるのはご存知の通り。そんな“反町効果”を織り込んだうえでの19%台陥落という結果には、若干の危機感も感じられる。そこでクローズアップされるのが、22時台のドラマの出来だというのは前出のライターだ。

「人気のドラマが続けて放送されれば、視聴者には21時から23時まではドラマを観続けるという習慣ができるはず。今期は幸いにも『偽装の夫婦』と『無痛』の両方が評判なので、両ドラマの視聴者が“どうせだから『相棒』からテレビを点けておくか”と考えてくれれば、まさにウィンウィンの関係になることができそうです」

 この秋は、「相棒」で水谷豊と反町隆史の演技を楽しんだ後に続けて、「偽装の夫婦」の天海祐希、もしくは「無痛」での西島秀俊の演技を楽しむという流れができそうだ。いずれも演技力には定評のある演者ばかりなので、ドラマ好きにはたまらない2時間となるのではないだろうか。

(金田麻有)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング