美女ワイド「春の嵐」再接近(3) 宮崎あおい 女優生命危機 「不倫混浴」の代償(3) 清潔感あるイメージが崩壊

アサ芸プラス / 2012年4月19日 11時0分

 ところで、昨夏の離婚騒動、そして年末の不倫報道を経ても、宮崎の仕事にはまったく影響がなかった。

「ジャニーズの豪腕で不倫報道が大事にはならなかったこともあって、これまで築き上げてきた清純派イメージが崩れなかった。事務所も各クライアントに必死で説明し、理解を得たと言われています」(前出・芸能プロ関係者)

 このまま状況が変わらなければ、それでよかった。ところが、前夫は沈黙を破り、突如として再び爆弾を投下したのである。実は、高岡がこの時期まで発言を控えてきたのには理由があった。

 前述した舞台「金閣寺」は日本でも2月半ばまで公演を続けていたのだが、なんと高岡が共演していたのは、岡田と同じV6の森田剛(33)だったのである。

 今回のツイッターでも高岡は、忸怩たる思いをこう書き込んでいる。

〈舞台を必ず成功させたいがために、我慢してきた。自分も彼も毎日毎日、無意味な気まずさを感じさせられて、意識して、我慢して。だけど、問題児扱いされるのは自分で。本当は誰が社会的に問題がある人間なのか、問題ある事務所なのか。ここまでされて何であんな阿呆共を庇わなきゃいけない?〉

 前夫の怒りは、さらにヒートアップした。

〈今自分は幸せでも、あるフレーズを言われたりしたら思い出したくなくても、一生忘れないと思う。筋を通したり、決着してたら別。悪者になる覚悟もあったけど、その後の対応がお粗末過ぎた。芸能界の汚さと、取り巻きの汚さのど真ん中だった。自分はこのまま終わらすつもりはない。だから戦う〉

 まだ攻撃の手は緩めないという、「宣戦布告」である。宮崎の苦難が始まりそうだ。

「宮崎は現在、9本のCMに出演しています。今回の事態に、代理店サイドから『何で前夫が騒動を蒸し返しているのか』と説明を求められているという。NHK大河ドラマ『篤姫』での好演もあり、清潔感あるイメージを守ってCM契約で稼いできた彼女でしたが、今後は方向転換を余儀なくされるかもしれません。といっても、これまではNHK以外のオファーを蹴り続けてきただけに、不倫イメージがついた宮崎に対し、わざわざオファーしようという民放局があるでしょうか」(広告関係者)

 一方、先に触れたようにジャニーズは今回の事態にも老獪で、完全に主導権を握っているという。

「ジャニーズは戦略を変更し、映画のPRについて『2ショットはOKだが、あくまで2人は共演者として仲がいいということをアピールできないか』と無理難題を言いつけているそうです。並行して、当分の間は宮崎とジャニーズタレントの共演はNGになります」(前出・芸能プロ関係者)

 ますます宮崎の活動は、窮屈にならざるをえないだろう。女優廃業の危機まで迎えているのである。不倫の代償はあまりに高くつくのだろうか。

【関連記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング