前田敦子と大島優子 「国民的ライバル」に激闘2250日の真実!(3)

アサ芸プラス / 2012年6月7日 11時0分

重圧に潰されないか心配に…

 11年、第3回選抜総選挙ではまた逆転のドラマが生まれた。極度の緊張感で押し潰されそうになる中、「2位大島優子」の名前が発表された瞬間、前田は人目をはばからず泣き崩れていた。ふだん感情を表に出すことが少ない前田が雪辱を果たした瞬間の思いとはどのようなものだったのだろう。

 その時の彼女のコメントはこうだ。

「この1年間はいろんなことを考えて毎日を生活してきました。こんなに支えてくださっている皆さんがいるのに、どこかで孤独と戦いながら毎日過ごしてきた部分もありました。

 もちろん私のことが嫌いな方もいると思いますが、私のことは嫌いでもAKBのことは嫌いにならないでください」

 この1年の思いが如実にわかるみごとなスピーチだった。

 もうこの年にはAKB48の知名度は全国的に知れ渡り、選抜総選挙自体が国民的関心事になっていたので、記憶されている方も多いだろう。そして翌年はどうなるのか、どんなドラマが待ち受けているのかに思いをはせていた方も多かったに違いない。

 昨年の総選挙の熾烈な1位争いの様子は前田の精神を不安定にさせるのではないかという危惧を抱かせた。

 今年1月に公開された映画「Documentary of AKB48~少女たちは傷つきながら、夢を見る」では昨年の総選挙直後の舞台裏のシーンも収録されている。舞台では見せなかった前田と大島、それぞれのドラマは見ていてあまりに壮絶だった。

 大島は我慢していた悔しさを黙って篠田と抱擁し嗚咽することで気持ちを落ち着かせ、前田のところへ祝福の言葉を伝えに行く。大島でさえ、これほどの重圧をこらえているのに、翌年、前田はこの重圧に押し潰されてしまわないかと心配でもあった。

 ファンとしては「AKBのことを嫌いになる前田敦子」は正直見たくない。メディアの取材などでいったん不機嫌になったらどうすることもできない、などと噂されることもあった彼女はこの1年、何を考えていたのだろうか‥‥。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング