お金はこう使ってほしい!高須克弥院長の支援物資輸送に絶賛の嵐

アサ芸プラス / 2016年4月22日 17時59分

写真

「YES! 高須クリニック」のCMでお馴染みの美容外科医・高須克弥院長が、熊本、大分を中心に発生している大地震による被災者に向けてヘリコプターを使った支援物資ボランティア輸送を4月19日に開始した。

 現在71歳の高須院長は自身のツイッターに「高須ヘリ離陸なう」「高須ヘリ離陸。一路被災地になう」と書き込んでいる。それを見た人々からは「スケールでかい!」「こういうお金の使い方ができる人って頼もしい!」「まさに有言実行!」など、高須院長の行動力に尊敬の声が集まっている。

「高須院長は東日本大震災の時にもヘリで支援物資を輸送しようとしましたが、ヘリコプターの調達が間に合わず断念。それをとても悔やんでいました。今回はその時の教訓を活かして、かなり早めの段階でヘリコプターを調達。今年2月に大地震の被害に遭った台湾にも、高須院長は1000万円の義援金を送っています。まさに漢の中の漢ですよ」(週刊誌記者)

 口だけでなく、破格の経済力と若々しい行動力で気持ちを表した高須院長。懐の深さを感じずにはいられない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング