伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(3)原作者直撃インタビュー

アサ芸プラス / 2012年6月14日 10時54分

倉田真由美が嘆いたトホホなキャスティング

「サイボーグ美人・藤原紀香は現実離れしていた」

 マンガ家・倉田真由美氏(40)の大ヒット作品をドラマ化した「だめんず・うぉ~か~」(テレ朝系)は、06年10月から木曜21時台にオンエア。しかし、平均視聴率8.1%と低迷し、あえなく第8話で途中終了となった。この結果を「生みの親」はどう見たのか、本人を直撃した。

――主演は藤原紀香(40)。他に山田優(27)、三浦理恵子(38)、宮迫博之(42)など個性派がそろい、前評判は上々でした。ドラマ化するにあたって、脚本やキャスティングについて、何か要望を出されましたか。

「ドラマやりますね、という話は1回聞きましたけど、それ以降は私、ノータッチでした。私が唯一タッチしたのは、出演者として1回だけ5分ほど出ているんです。そのぐらいかな。セレブの奥様役でしたが、ドラマを撮るのって大変なんだな~と思いました」

――実際に、ご自身が原作のドラマを見た感想はどうでした?

「ドラマって、キャラクターが立ってないとダメじゃないですか。『家政婦のミタ』のように、子供がマネできて、口癖がブームになるような。そういうことが大事だと思うんですが、そういうのはなかったかもしれないですね。そもそも私のマンガにそういうキャラがないから、しょうがないことでしょうけど」

――なるほど。では、ヒロインの藤原紀香の評価はどうですか。

「当時の藤原紀香さんは35歳です。その年齢になると、ダメ男に痛い目にあう年齢はちょっと過ぎていますよね。それと、彼女は現実離れした美人すぎるところがありますよね。紀香さんご本人にもお会いしましたけど、プロポーションも抜群で、普通じゃない。タレントさんってキレイな人ばかりなんだけど、その中でもぬきんでている。もうサイボーグみたい。

 あそこまで行っちゃうと、女たちが感情移入できるキャラではないんです。きっと私たちとは違う感性で生きているんだろうな、という感じになるんじゃないでしょうか」

――視聴率が伸びなかったことは、やはりガッカリですかね。

「視聴率が高かったらうれしかったと思いますけど、でもダメだったからすごく落ち込むというほど、自分の手がかかっていないんです。原作者なんだけど、マンガとドラマは別物だと思うことができましたね、私は。ドラマを見ていて、随所に、あ~、このエピソードを使っているなと思っていました。そういう意味でおもしろかったですね。ただ、私が題材にしているのは、現実離れした話が多いんですよ。そういう話って、マンガだとプッと笑えても、リアルな人間が演じると笑えない、というところがあるんです。だから、題材的に、ドラマ向きではなかったのかもしれません。

 普通のマンガ原作と違って、私の作品はストーリーがなくて、エピソードしかない。そんなマンガを、脚本の方はよくまとめてくださったと思いますよ」

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング